面接時の顔は素の顔じゃない、と仮定するところからはじまる採用活動。

『“素の顔”を引き出す』

過去の面接でとてつもなく緊張されていらっしゃる方がいました。早口で震えていて原稿まで用意されていて。そんな方の緊張をほぐす為にも、威圧感を与えず、丁寧な言葉づかいでお話させていただきました。どんなに面接対策してきても緊張してしまうだろうし、決して普段の姿じゃないと思うんですが、それでもできるだけ「素の顔」を引き出すように取り組んでおります。

いつの間にか“家族のような会社”に。

思い出の面接・採用

『入社後に後悔させない面接』

入社した後に後悔をしてほしくないんです。平日は自宅で家族と過ごす時間よりも、会社で過ごす時間の方が長くなります。帰宅して暗~い気持ちだったり沈んでいる顔を見たら、家族も悲しい気持ちになりますよね。入社して一緒に働くということは、自分たちの家族になるということ。その社員の家族もみんな私たちの家族なんです。だからこそ、お互いに意思の齟齬がないよう、疑問をすべて解消できる、そんな面接の場にしていきたいと思っております。

こんな人は活躍できる!

『目標が明確な人』

「これしたい!あれしたい!」社長との距離が短い会社なので、どんどん自分の提案をすることができます。会社の規模は小さい為、一人一人の責任は大きく、負荷もかかります。そんな中でもくじけずに改善点や提案、目標を掲げてくる人が、今後も活躍できる人材だと思います。

ウチの会社ココがいい!

『ずばり社長です(笑)』

弊社は社員同士の距離も短いですし、部署間の壁もありません。その理由のひとつに、社長が社員一人一人に声を掛けてくれることがあります。社長がそう接することで、社員全員の中で仲間意識が生まれ「家族のような会社」が自然と形成されたのだと思っています。

企業紹介Bijinji Office

デジタルシティ株式会社[ 企業サイト:URL ]

事業内容

システム開発事業、広告代理事業、アプリ、ウェブ制作事業、クリ エイティブ事業、システムエンジニア派遣事業、メディア事業

所在地

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

限られた時間で相互理解をどこまで深められるか…面接に求めるのは“質”。

良いことも、そうでないことも伝えあう“本音面接”の先にあるもの。

すべての面接者がリラックスする面談…その秘訣は“おもてなし”のこころ。

商品企画から人事へ。子育てと両立しながら制度や仕組みを創造し続ける女性管理職。

大学生の時、周りのみんなと同じタイミングで就職できなかった。それが彼女を強くした。

理学療法士からの転身。はじめての採用業務にも臆せず挑戦する日々の、その先にあるもの。

人事未経験から始めたからこそ、素直に仕事と向き合い、仲間から愛される存在に。

一度は断った人事への異動。セールスをやりきった先に見つけた、採用担当としての矜持。