“幸せをまくハチ(Macbee)”を輩出する…社名に紐づく教育が花ひらくまで。

未だ知らない新しい世界へ飛び出したかった

最初は、大手生命保険会社の営業職として新卒で入社。その頃は、神戸で働いていたんですけど、関西エリアのベスト3に入る売上をあげて表彰され、楽しく頑張っていました。ただ、そのあたりからもっと他の世界を知ってみたいと思うようになったんです。私は当時、実家に暮らしていて、何かあった時は親に頼れるとどこかに甘えがあって。一度、東京に出てやれるとこまでやってみようと決心しました。

それから1週間だけ上京し、受けたい会社を全部受けて、5社中3社内定をいただけました。最終的に2社に絞って、その内の1社がまくびー。やってみたい仕事は、化粧品や飲料水の商品企画を行なっているもう1社の方で、本当に色々と悩みました。
でも、あらためて実家に帰って、“誰と一緒に働きたいのか”を考えてみたんです。面接で代表の松本と話した時ワクワクしてきましたし、社員に対する愛情をとても感じられたんですよね。グループ会社の代表も「いやぁ、まっちゃんと働けるなんて最高だよ」だなんて。周りからそう言われる代表ってなかなかいないんじゃないかなって。気持ちはもうまくびーに向いていて、ここ以外ない!と思い入社を決意しました。

代表がつくる雰囲気は、社員に届く

入社してから芸能マネージャー、脱毛サロンのコンサルティング、Web広告の営業など様々な仕事をしました。中でも美容室の店舗運営を任された時は、毎日のように泣いていましたね。私は店舗運営の経験もなければ、美容師免許も持っていません。だから最初は伝えたい事が伝わらず、変な風に捉えられてしまったりして、店舗スタッフと信頼関係を築くのが大変でした。そんな時に代表から「くろみ(あだ名)がやらなきゃ、お店が潰れちゃうんだよ」と言われたんです。
私はこのままではいけないと思い、HOT PEPPER ビューティーのエリア担当が知っている情報を聞いたり、同じエリアのトップシェアの美容室を訪ねて店舗運営のヒントを教えてもらったり、日々奮闘しておりました。その結果、担当店舗を立て直すことに成功できたんです。

代表の厳しさにはちゃんと愛情も含まれているので、みんなから尊敬されています。月に1度“全力坂”という幹部以外のメンバーでミーティングを設けているんですけど、会社がもっと良くなっていくために、そして代表(会社)にどう貢献できるかについて真剣に考えます。まくびーには、そういう思いやりのある人しかいないなっていつも思うんですよね。

優秀な人、より誠実な人

今は、中途採用をメインに行なう人事も担当しています。メイン業務は、応募者からの問合せや対応、スカウト、面接のアテンド、求人広告を取り扱う代理店との打合せや方向性の擦り合せなど。
まだまだ始めたばかりなんですが、最近行なうようになった面接では、主に相手の表情を中心にみています。楽しく前向きに話す人って顔に出るもの。今勤めている会社の愚痴や文句を言う人は、うちに来てもきっと同じようなことになるんじゃないかなって。それよりも今の会社の仲間やクライアントに感謝しているか、仕事で関わる人たちに貢献したいという気持ちがあるか、そんな“誠実さ”を感じられる部分を選考ポイントにしているんです。
私たちまくびーは、誠実に日々イキイキと活躍していて、働くイメージがつく人と一緒に仕事がしたいなと考えています。

私は社内でも2番目に古い人間で、今採用に関しても裁量権を与えてもらっています。面接をして好感触だった人を代表に伝えた時も「くろみが良いっていうなら良いんじゃない」って言ってくれるんです。そういうのも純粋に嬉しくて、決定権を持って採用活動ができていることに満足していますね。

幸せをまくハチになれるように教育。

社名の由来は、“世の中に幸せをまくハチ”という意味でまくびーなんです。出会う人には、何かしら縁があったからだと思っているので、まくびー(私)と関わることで、少しでもプラスになるものを提供して、幸せになって欲しいと思って接しています。
もちろんこれは、働く社員も一緒。私は将来的に、全社員がクライアントに「あなただから一緒に仕事をしたい」と言われる人を育てていくという気持ちがあります。いずれまくびーから独立する人が出てきても、幸せを与えられる人材がもっと世の中に広がっていくのなら私たちは大歓迎です。

これを実現するためにも、現在私は後輩の教育も行なっています。具体的には、クライアントに何かして欲しいって言われて動くのは当たり前で、その前に察知して行動して欲しいと伝えています。例えば、飲み屋さんに行った時に、新しい取り皿が欲しいなって思う前にスッとそこに出てるようなイメージです。クライアントに「それそれ!そういうのが欲しかったんだよね」とか「やっぱり相談してよかった」と言われることでそれが信頼に繋がっていく。そういうことが全員できるようになって、社名の由来に近づけるんじゃないかなと思います。

お気に入りの場所
Recommended place

私は、この会議室が大好きです。画家のサルバドール・ダリが大好きな社員が「ダリの部屋を作りたい」という夢を実現したもの。生活の大半を占める仕事の時間だからこそ、ただ働くだけでなく「個性」や「好きなコト」を活かしたい。この会議室は"働く環境を自分で変えていくことが出来る"ということを実際に示したものだと思います。

愛読書
My favorite book

『一流のフォロワーになるための社長の支え方』
毎月1冊、自分の好きな本を読んで、読書感想を発表しています。中でも最近1番面白かったのがこれ。経営者になるための本はたくさんあると思うんですけど、これはその逆。社長のベストフォロワーになる方法が書かれています。社長は、意思決定のプロ。それに対して私はその意思決定のパフォーマンスをいかに最大化できるかを考えるようになりました。

企業紹介Bijinji Office

株式会社Macbee Planet[ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

総合広告代理業・WEBマーケティング業務、WEBサイトの企画・制作・運営業務

所在地

東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル5F

プロフィールProfile

黒田 美穂

第1アドコンサルティング部 マネージャー/仕事の原動力は人。代表に魅了されたのもきっと人を大切にする性格の持ち主だからだろう。健康オタクの側面もあって、常にデスクには干し梅とマカダミアナッツがあり、それをよく食べているそうだ。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

コンサルとして、売上0もトップ成績も経験したから、経験談をストレートに伝えられる人事。

肩のチカラが抜けた自然なひと言を聞くために、まず自分からリラックスする。

何かあればすぐ思い出される存在に。“世話焼き”人事が目指すのは「職場のお母さん」。

経営まで関わるマルチタスク。経理、広報、営業など全ての経験を人事に活かす。

応募者と面接者、どちらが上でも下でもなく目線をあわせたコミュニケーションを。

自分ならどう思うか、からはじまる採用活動はスタートアップに欠かせない。

目指すは離職率ゼロへ!インターン制度の導入で入社後のギャップ解消に挑戦。

ビジョンにつながる夢や希望をシェアできれば、きっと仲間になれる。