心底惚れたトップのもとには、やっぱり素敵な仲間がいた。だから途切れなかった初看板人事の道。

「みんながハッピーに」そのセリフに惚れた

Macbee Planetに入る前は、アパレルで働いていました。ショップでの販売だけでなく、店舗ブログを書いたりサイトのPVを上げる工夫などにも取り組んでいました。実はアパレルの前に少しだけインターネット広告業界にいたこともあり、そういった仕事が楽しくなってきたんです。そこで転職を、と考え始めた頃、たまたま知人にまくびーを紹介してもらいました。

入社当時はまだMacbee Planetとして分社化する前。親会社である『まくびーインターナショナル』代表の松本と『Macbee Planet』代表の小嶋が面談をしてくれました。「携わった会社みんながハッピーになれるように、俺はしたい」と松本が言っていて、そのひと言と人柄に惚れてしまいました。なんて素敵な人なんだろうって。それがMacbee Planetに入社する一番の決め手ですね。

また面談時に「うちでやってみたいことないの?」って聞いてくれたんです。話していく中で、松本と小嶋から会社の人数が少ないから増やしていきたいって思いを耳にしていたのもあり「人事や教育をお手伝いしたい」と答えました。そうしたら「じゃあ一緒にやってみよう」と言ってくれて。会社としても初めての人事を任せてもらうことになりました。

みんなの距離が近いから、できること

人事とコンサルティング営業を兼務できているのも、うちの会社の素敵なところ。入社してから今も変わらず、クライアントへの企画提案や運用に携わりつつ、人事や採用活動も行なっています。最初は兼務できるだろうと思っていましたが、学生の対応は片手間じゃできないと感じることが多くて(笑)。連絡がある時間帯もバラバラ。休日の対応があったり、説明会も思っていた以上に大変。

やっぱり片手間じゃできない、ひとりで回しきれない…と感じながらも、だんだん要領とバランスがつかめてきて。それは学生への対応を溜めずに、すぐ返すなど自分で仕事のルーティンを作るようにしたのもありますが、Macbee Planetのみんなのおかげでもあります。うちの会社はSOSを出せばすぐにサポートしてくれる体制がしっかりあって、みんな協力的で距離が本当に近い。まくびーインターナショナル代表の松本も、Macbee Planet代表の小嶋も近づいてきてくれる。クライアントへの提案はもちろん、業務で困ったことは直接きけるし、採用に関する相談もしています。説明会の資料も私が話そうと思っている内容を松本に相談して、デザイナーにも協力してもらい一緒に作ったもの。それを使って説明会を行なっています。

みんなが気づいて、作り上げていくこと

制度についてもみんなで話し合います。『まくびーインターナショナル』と『Macbee Planet』に加えて、芸能部門の『Macbee Hollywood Entertainment』計3社で毎週定例会を開いています。案を出しあって、いいものをみんなで固めていくんです。その中で、私は採用や人事制度、福利厚生を強めていきたいから、みなさん意見をくださいって言っています。

私が入ってみんなで作った制度が「シャッフルランチ」。人数が増えてきたことや分社化したこともあり、交流を途切れさせない、もっと深めるための制度です。ランチ代はもちろん会社負担。全員を私がシャッフルして月に1回、1対1でランチに行きます。所属や立場は関係なく、社長と新入社員という組み合わせもアリ!完全に私がくじでランダムに決めてるので(笑)

最初はただランチに行くだけでしたが、スタッフから「せっかく会社のお金で行くのだから、会社のためになるテーマを決め、話し合うランチにしたほうがいいんじゃない」と意見があがりました。さっそく「シャッフルランチ向上委員会」というものをつくり、いまはテーマについてランチで話し合ったことを提出してもらっています。スタッフ側から意見をもらえたことがすごくイイことだなと思いました。

みんなの輪に入っていける明るさがほしい

以前に少しWeb広告に携わっていたとはいえ、私はほぼ未経験入社。以前と入社当時では扱っている内容が違っていて、勉強しなおし。今いるスタッフにもWeb経験者はいませんでした。だから新卒の方から「何も知らないけど大丈夫ですか?」と質問されるんですが、大丈夫!ただ、Webはひとつ教わってもすぐに新しいことが出てくる世界。だから面接では、前向きに取り組めるかどうかを見ています。そして、本当に明るくて元気かどうか(笑)松本も小嶋もよく言っていることなんですが、新卒であれば知識がない分、若さとフレッシュさが取り柄でもある。うちのスタッフ以上の明るさを持ってる子がいいなって思ってます。

今後は就活のイベントやエキスポ、コラボイベントにも積極的に出てみたい。あと、FacebookなどのSNSで発信していきたいです。日常的なものからノウハウ、立ち上がったプロジェクトのお知らせなどブランディングを高めていける会社のコンテンツを配信していきたい。松本と小嶋には、どんどんメディアに出てほしいです。みんなが愛する松本と小嶋を、もっと世に知らしめたいですね。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『まくびーノート』
会社から支給されて好きに使うことのできるノート。私が入社したとき、ちょうどノベルティを作ろうっていう動きがあって。だから私の入社と同時くらいに作られたものですね。私のノートの中身は、仕事の打ち合わせやお客さんのメモとか業務のことで、今は4冊目に突入。1冊目は入社してから色々と教えてもらったときの内容と思い出が詰まっています。今でもたまに振り返りますね。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『メガネ』
オリバーピープルズのメガネ。もともと旦那が使っていたもので、要らないというのでもらいました。私はとても視力が良いので、レンズをぶち抜いて使ってます。ちゃんとしようってときにかけています。面接対応や説明会、あとあまり化粧してないときとか(笑)気分をキリッとさせてくれます。

企業紹介Bijinji Office

株式会社Macbee Planet[ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

総合広告代理業・WEBマーケティング業務、WEBサイトの企画・制作・運営業務

所在地

東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル5F

プロフィールProfile

廣瀬 ちひろ

第3アドコンサルティング部/移り変わりの激しいWeb広告業界でのコンサルティング営業をやりながら、会社の“初看板”となる人事も兼務。その中で自ら発信していく力を身に着け、次に狙うは社長のメディア露出!?大のお酒好き。体調の悪い日以外、毎日缶ビールを飲むことは欠かさない。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

一度は断った人事への異動。セールスをやりきった先に見つけた、採用担当としての矜持。

1を100に、ではなく、ゼロから1を立ち上げる面白さ…採用設計に魅せられた人事が描くビジョン。

採用面接でどこまで自分の付加価値を最大化できるか。あくまで応募者側の立場で利益を考える。

肩のチカラが抜けた自然なひと言を聞くために、まず自分からリラックスする。

大切なことは履歴書ではわからないから、できる限り多くの人との対話を。

大学生の時、周りのみんなと同じタイミングで就職できなかった。それが彼女を強くした。

業界に捉われないビジネスプロデューサー集団。仕事を通じて自己実現を目指すポジティブな連鎖。

内定がゴールじゃないのは採用側も同じ。心をつかむ演出とフォローで入社動機を高める取り組み。