学生時代のゼミも販売のキャリアも、 すべては人事としての“いま”につながっている。

きっかけは「人的資源管理」から

人事に興味を抱いたのは大学での「人的資源管理」ゼミがきっかけです。新卒ではブライダルジュエリーの会社で販売のお仕事に就いていましたが、いずれは人事にと思っていました。しかし3年目を迎えたころ「早く動きたい」という気持ちが強くなり…未経験でも人事として採用してくれる会社を探した結果、デザインワン・ジャパンにジョインすることになりました。

上場直前の会社が人事未経験の人物を人事に抜擢するというのは、自分で言うのも何ですが、大変な決断だったと思います。私のブライダルジュエリー販売のキャリアについて、デザインワンの皆さんがフラットに「他にない面白い経験の持ち主だ」と評価してくれたこと、また会社の大きなステップアップに際し、代表がより多様な人材を迎えダイナミックな企業にしていこうという考えを持っていたこと、この2点が私にとって本当に良い巡り合わせとなりました。

実際に仕事として取り組んでみた感想は、学生との交流がこんなにも楽しいのかというもの。ひとりひとりの学生が歩んできた人生をひとつずつ掘り下げていくわけで、つい感情移入してしまいますね。まるでドラマを見たり小説を読んでいるかのようです。

販売スタッフの経験が活きるとき

メインで担当しているのは新卒採用です。新卒って会社の将来をも左右する重要な採用。点ではなく線、そして面に広がっていく仕事ですよね。やりがいと同時にプレッシャーも感じています。来年の春入社してくる子たちが私にとっての第一期生なんですが、期待と不安が入り混じっていまからドキドキです。

面接では相手の状態を察知することを意識しています。もちろん最初はフォーマルな言葉づかいでスタート。でも学生さんが固かったり、緊張しているなと思ったらいきなりフランクな話し方にシフトします。このあたりは販売のスキルが活きていますね。20〜30万円もする商品でしたし、一生もののお買い物ですから、そこを任せていただけるような信頼関係の築き方が身に付きました。そういえばブライダルジュエリーも新卒採用も人生にとって一度きり。不思議なつながりを感じますね。

印象に残っている学生は…就活サイトや紹介会社経由ではなくダイレクトに人事宛にアプローチしてきた子。とても熱意ある女子学生で、私も企画課題を出したり、どうすればこの子の光る部分を上層部にアピールできるかなんて戦略的に考えました。もちろん無事に内定を出すことができましたよ。

共通項は「まじめ」であること

当社の採用基準は「考える力がある」こと。代表がもともと理系出身のエンジニアということもあり、誠実でまじめな社風なんです。メンバーも堅実でコツコツというタイプが多いですね。だから面接で重視されるのは、いわゆる地頭の良さ。企画課題に対する提出物を精査します。ロジカルシンキングができているか、仕事を進める上での流れをしっかり作れているか…選考のハードルは決して低くありません。

私が一緒に働きたいと思うのは、前進することをためらわない人。新卒って当たり前ですが何もかもはじめてだから、必ずどこかでつまづくと思うんです。でも壁にぶつかったとしても、周囲の力を借りながらでも前に一歩踏み出していこうとする…そういう人が仲間になってくれると心強いかなって思います。

そしてこの言葉、実は自分に言い聞かせていることでもあります(笑)。人事のお仕事、未経験ですから当然なのですが、はじめてのことの連続で。わからないこともあれば、たっぷり反省点をフィードバックされることもあります。時々くじけそうにもなるんですが、そこはやりたかった仕事ですし、少しでも前に進んでいこうと奮闘中です。

風を感じて、心穏やかに

もともと田舎の育ちですので、休日に遊びにいくときも比較的郊外へ。気分的に自然を求めますね。たとえば鎌倉にあじさいを見に行ったり、こないだもひまわりの撮影に出かけたり。アクティブというわけではないんですが、自然に身をおいて風を感じるようにしています。

大学進学で東京に出てきたんですが、街の中で風を感じることってほぼなくて。もしかしたら、私の中でどこか故郷とつながっていたいという気持ちがあるのかもしれません。そういう時間を大切にすることで心が穏やかになり、外見にも気が配れるようになるんです。

趣味はカメラ。あと最近、お弁当づくりにハマっています。それから美容と健康のためのランニング。週に1度、だいたい1時間ぐらい走っているんですが…こないだ気づいたら2時間走っててびっくり(笑)。なかなかいいランニングコースがなくて、探しているうちにずいぶんな距離を走ってました。ただ長く走るのは昔から苦じゃないですね。学生時代も短距離より長距離派でした。あ、そういえばこの仕事にも共通してるかも。単発ではなく長期でコツコツと積み上げていくのが性にあってるのかもしれません。こうして振り返ってみると過去の全ての点がいまにつながっているみたいですね。そして、いまは未来につながっていくのでしょうか。そうだといいな。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『オリンパス・PEN』
昔から何かを記録するのが大好きで。このPENは卒業旅行で海外に行く時に買ったものです。もうずいぶんつきあい長いけど、いろんなところに一緒に出かけてますね。あとは人事ブログに掲載する社内の写真もこれで撮ってます。ものすごく愛着のある、手放せないカメラですね。

愛読書
My favorite book

『ワーク・ルールズ!』『How Google Works』
主に働き方や風土の面で、会社がグーグルをお手本にしていこうと。それで上司から必読書として渡されました。そんなきっかけではありましたが読んでみると本当にためになります。どうやったら社員がスマートクリエイティブになれるか、など追いかけていきたいテーマの宝庫です。

おすすめカフェ
Recommended cafe

店名 フランクリン・アベニュー[ URL ]
ジャンル ハンバーガー、サンドイッチ[五反田]
電話 03-3441-5028

企業紹介Bijinji Office

株式会社デザインワン・ジャパン[ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

インターネットメディア事業

所在地

東京都品川区西五反田2丁目30-4 BR五反田ビル8F

プロフィールProfile

入口 ありさ

コーポレートデザイン室 人事・総務チーム 小さな頃から明るくてまじめな正義漢。直近の目標は新卒採用のサイクルをつかんで17年および18年の採用を成功させること。そしてゆくゆくはより専門知識が要求される中途採用、さらには組織活性化のための制度設計などにも着手していくこと。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

新卒一期生であること、3年半の営業経験… 自らの“体験”に裏付けられたブレない採用の軸。

内定がゴールじゃないのは採用側も同じ。心をつかむ演出とフォローで入社動機を高める取り組み。

いずれは心理学をベースにした教育担当に。見た目と中身のギャップで魅せる、クールな情熱家。

コンサルとして、売上0もトップ成績も経験したから、経験談をストレートに伝えられる人事。

アメリカと日本での生活経験を活かし、採用課題を多様な価値観で解決へ導く。

IT業界への限りない愛情とビジネスマインドを備えた人事、3年目の決意。

原動力は「自分らしさを発揮しながら楽しく働いてほしい」という願い。

採用される側から採用する側に移ると“年齢の近さ”は強みになる。