求職者をもっと知り、会社のことをもっと理解して、採用成功へと導く人事。

人の考えを奥深くまで知る

人の考えを奥深くまで知る

印象的だったのは、前職でアパレルの店長をしていた女性との面接です。女性として活躍できる環境・ここから先のキャリアアップなど見据えて転職活動していた時に私たちに出会いました。実は私もレジェンドに転職した時期が彼女と同じくらいの年齢の時で、しかも前職が一緒のアパレル出身。自分の将来について真剣に考えたり、今後どういう風になれるんだろうと不安になったことが思い出されました。でも、彼女は「新事業を立ち上げたい」と非常に前向きで意欲的で…。驚いたと同時に嬉しかったですね。

私は今、中途採用をメインに行なっています。具体的には、求人広告の媒体管理や原稿校正、採用計画の立案、説明会の開催など。レジェンドは、年間80名以上採用していて、毎日のように応募者との出会いがあります。なので面接をする上で、その人の考え方、生き方、仕事への取り組み方などを知る機会が多いです。特に中途採用では異業種から応募される方もいて、あらゆる経験をしてきた人を相手にする分、日々発見のある面接が行えるのです。私自身、このような機会を何度も経験したことで、自分の考え方にも良い影響を及ぼし、仕事の幅を広げられるようになりました。

目の前の応募者に対して割く大切な時間

目の前の応募者に対して割く大切な時間

前職は大手アパレル会社で人事を担当。その頃は新卒だけでも300人前後を採用する時もあり、大量の人数を効率的に選考しなければなりませんでした。時間を優先するためにも人を書類上で見る日が多くて…。その人が必要か不必要かだけで判断していました。でも今は、1人の応募者と長い時間接することができる。応募者が、将来どのような人間になっていきたいのか、そしてそれがレジェンドで実現できるのかという芯の部分までしっかり向き合って話せています。それに、どれぐらい活躍できるのだろうか、どんな教育をすれば伸びるのだろうかと入社後の姿を鮮明にイメージしながら面接を行なえています。

選考までの長い時間を共有した上で、採用した人が現場で一生懸命働いている姿をみるとやっぱり嬉しいもの。その半面、今仕事のことで悩んでいないか、不安を持っていないかと心配になる時もあって。最近では、女性同士で月に1回ランチに誘って、仕事の話や世間話など色んなことを話しています。人事として彼女たちが活躍できるようにサポートしていきたいですね。

前職も人事だから提案できたこと

前職も人事だから提案できたこと

これから採用活動を全国に広げていく目標が会社にありました。でも、全ての応募者に対して遠方に行っていたら時間と費用がかかってしまう。私はそこでスカイプ面接を提案。これは会社にとって初めての試みです。レジェンドは本当に風通しの良い風土なので、私の提案も「やってみよう」とすぐに取り入れてくれました。この提案が社内の多くの人から好評で、今では全国にある支店に共有され、全社で行なっています。自分の提案した取り組みがこんなに広がっていくとやりがいを持てますね。

また、応募者へのアプローチ方法も改善。今までは、応募してきた方に全てメールで対応していました。それを電話対応に変更しようと提案。応募者は、メールだけだとどれぐらい自分のことを思ってくれているのか分からなくなってしまい不安になりがち。そう感じられないように一人ひとり丁寧に電話をするだけでも安心してくれるのです。この提案を実行したことで、前年比で次の面接に進んでくれる方の率を170%上げることができました。上司からの信頼もあり、大手企業で人事をしていた経験を活かして、採用に関わる細かいところから全体的な改良に成功しました。

人事の視点から会社の未来をつくる

人事の視点から会社の未来をつくる

組織を運営するうえで、誰に任せても大丈夫な状態をつくることが大切だと考えています。例えば、私が仮に風邪で休んだ時、周りが慌てていたら対応力のある組織ではないのではないかと思うのです。誰に任せても大丈夫であれば、何も人事という枠の中だけでなく、全社で採用活動を行なえる。私は人事でいながら人事でないような存在になり、将来的にはみんなが会社の顔として人前に立てるようにしていきたいですね。どんな人も採用について真剣に考えられるように後継者を育てていくのが当面の目標です。

人事は自社の経営や事業内容、歴史などについて、熟知していなければならない存在です。実際に社内では「人事は会社を売る営業」と言われています。誰よりも会社の魅力を知り、人に伝えていかなければいけません。ただ、本当はみんなが理解して、同じ方向を向いている状態が1番理想形だとも思っています。求職者にも、社内の仲間にも、会社の理解が深まるように伝えていきます。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『iPhoneケース』
前職で新卒として入社した同期と8年ぐらいの付き合いがあります。その子と趣味が昔からバッチリ合っていて、このiPhoneケースの時もそう。お店に入った瞬間に「これでしょ」と言われ、私が大好きなデザインでした。1番使うものではあるので、1番気に入っているものを使っていたいですね。

お気に入りの仕事道具

企業紹介Bijinji Office

株式会社レジェンド

株式会社レジェンド [ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

■プロモーション事業、KDDI特約代理店 ■家庭用ウォーターサーバーの宅配

所在地

東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビル3F(本社)

プロフィールProfile

中村 麻美

中村 麻美

人事部/大手アパレル会社で人事を経験して、現在即戦力として活躍中。食事やお酒は食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しつつも我慢し過ぎないように息抜きをする。休みの日にはアクティブに動いて、友人と買い物や食事を楽しんでいる。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

業界に捉われないビジネスプロデューサー集団。仕事を通じて自己実現を目指すポジティブな連鎖。

業界に捉われないビジネスプロデューサー集団。仕事を通じて自己実現を目指すポジティブな連鎖。

すべての経験が糧になる。個々の能力を最大限に引き出し、サポートするのも人事の仕事。

すべての経験が糧になる。個々の能力を最大限に引き出し、サポートするのも人事の仕事。

求職者との間にどれだけの「納得」を作れるか、が入社後活躍のポイント。

求職者との間にどれだけの「納得」を作れるか、が入社後活躍のポイント。

創造しては破壊、そしてまた新たな創造を…5年後の“当たり前”を“今 ”仕掛ける。

創造しては破壊、そしてまた新たな創造を…5年後の“当たり前”を“今 ”仕掛ける。

“幸せをまくハチ(Macbee)”を輩出する…社名に紐づく教育が花ひらくまで。

“幸せをまくハチ(Macbee)”を輩出する…社名に紐づく教育が花ひらくまで。

学生時代のゼミも販売のキャリアも、 すべては人事としての“いま”につながっている。

学生時代のゼミも販売のキャリアも、 すべては人事としての“いま”につながっている。

ファーストクラスでの接客対応そのままに、「おもてなし」で面接者の心を動かす人事。

ファーストクラスでの接客対応そのままに、「おもてなし」で面接者の心を動かす人事。

採用面接でどこまで自分の付加価値を最大化できるか。あくまで応募者側の立場で利益を考える。

採用面接でどこまで自分の付加価値を最大化できるか。あくまで応募者側の立場で利益を考える。