採用コンサルタントと人事の兼任から生まれる、人を見抜く採用力。

「忙しい」は言い訳

「忙しい」は言い訳

自分の性格上、途中で諦めるのが絶対に嫌なんですよ。部活が忙しいということを理由にして、就活も大学生活も力を抜きたくなかった。その為まずは両立できる範囲から就活を始めようと考え、自己分析を手伝ってくれるインターンがあると知って、STAR FLEETに出会ったんです。

最初私は、メーカーの営業になろうと思っていました。でも、STAR FLEETの採用コンサルティングの仕事内容を詳しく知っていくと次第に興味を持つように。というのも、メーカーはモノ売りの仕事ですが、採用コンサルタントは自分売りだということに気付いたんです。カタチがない分、自分次第でお客様の反応も結果も大きく変わる。自分自身の力が試されるこの仕事に惹かれるようになっていきました。
インターンをしてしばらく経つと「うちにこない?」と現在の上司から誘いを受けたんです。その時、この会社でキャリアをスタートしようと決めました。私が入社したばかりの頃は、社長と上司のたった2人だけの会社だったんですよ。一人あたりの業務範囲は幅広く、私はお客様のコンサルティングを行いつつ人事も兼任。早く一人前になりたかったので、まず上司に依頼されたことは全てやり遂げられるように行動しました。

興味があれば、自ずと疑問が生まれる

興味があれば、自ずと疑問が生まれる

主に新卒採用を担当して、説明会の進行や面接、インターンの実施、就職サイトの記事作成など色々やりましたね。中でも面接は、“半分聞いて、半分聞いてもらう”というスタンスを今でも変わらず貫いています。面接って企業側が聞くだけじゃなくって、受ける側も聞きたいことがたくさんあると思うんです。特に学生は初めて就職するわけですから、会社・仕事・プライベートなど疑問はたくさんあるはず。私は採用コンサルタントと人事を担ってきたからこそ、「どんな質問でも答えるから、なんでも聞いていいよ」と伝えています。そこで興味津々に色んな種類の質問をしてくれる子は「お、この子いいな」って思えるんです。

それに、これは「知ったかぶりをしない子を採用する」という目的も含まれています。余程勉強をしていない限り、採用コンサルティングが具体的にどんな仕事かなんて最初は分からないと思います。あらかじめ知っているということも重要ではありません。それよりも、分からないことを分からないとちゃんと意思表示し質問できる子の方が将来的に確実に伸びていきますね。

+αの行動に熱意が詰まってる

+αの行動に熱意が詰まってる

STAR FLEETは、選考過程の中で、実際にお客様に電話がけをしてもらっています。Excelでリストをつくる際「最低◯件は作ってきてくださいね」と伝えると、言われた通り最低の数だけリストにする人もいれば10件以上プラスしてつくる人がいます。後者は、電話をかける前の時点でもう前向きに取り組む姿勢が伝わってきませんか?目標以上の結果を出そうという意志がその行動から垣間見えます。

他にも新人研修で先輩と一緒に10キロ以上走るプログラムがありました。私たちは、ここで単純に体力を見ているわけではありません。人間は疲れた時に素が出ます。半分も過ぎれば、次第に呼吸が苦しくなって、会話が徐々に減っていく。そんな状況下で、自分より遅い子に「大丈夫?」と声をかけたり、「ゴールまであと何キロだよ」と声掛けできる子を見ると素直に「素敵だな」と思います。自分も大変な状況で仲間を鼓舞するっていうのは、なかなか真似できることではないですからね。
電話がけだって、運動だって、決して上手じゃなくていい。それよりも+αの行動ができる人は、どんな企業にも一緒に働きたいと思わせる力があると思うんです。

教育に特化した部署を立ち上げたい

教育に特化した部署を立ち上げたい

実は今、私は妊娠中なんです。ただ、元々結婚・出産をしても働き続けたいという気持ちがあります。STAR FLEETに応募してくる女性は、比較的私と同じような考えを持っている子ばかりで。面接中に色んな話をすると共感し合えることがよくあるんです。そこで私が具体的にどんな人生設計をして、それに対してどんな努力をしてきたのかを伝えると「本多さんみたいになりたいです」って言ってくれる人もいて。その時はやっぱり嬉しいですね。

今後は、入社してくれるメンバーが自身のなりたい姿になれるよう新人を育てる部署をつくってみたいです。とりあえずは1年ほど産休・育休をとって、復帰後から本格的に動こうかなと考え中。幸いSTAR FLEETは、新たな提案を歓迎してくれる会社です。実際に産休・育休も私が機関に相談し提案したことで、制度を設けてくれました。こういう会社の良い風土をうまく活用して、新しく入ってくる子たちが理想の姿になれるように教育できる部署を新設できると嬉しいですね。

愛用品
My favorite item

『名刺入れとボールペン』
父親が定年退職するまでずっと使っていたもので、私が社会人になったタイミングでもらいました。私は子育てにも仕事にも全力な父親を世界で1番尊敬しています。そんな父親から譲り受けたこともあって、特に入社したての頃なんかは、営業前に父の汗が染み込んだ仕事道具を見て気合を入れていました。私を後押ししてくれる大切なものです。

愛用品

企業紹介Bijinji Office

株式会社STAR FLEET

株式会社STAR FLEET [ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

人事コンサルティング(HRアドバイスサービス、HRファシリテーションサービス、コンサルティングサービス)

所在地

東京都文京区後楽1-2-9 AZcubeビル6F

プロフィールProfile

本多 早苗

本多 早苗

マネージャー/一度決めた目標は、どんなに難しくても、必ず達成できるように行動できる人。元々美大に入ろうと考えていたこともあって、ものづくりも得意。今自身がしているネイルも、ネイルサロンに通い施術を見て覚え自分でできるようにまでなった。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

働く仲間を熟知すると、会社全体の採用力が向上する。全社員の長所・短所を把握する方法とは。

働く仲間を熟知すると、会社全体の採用力が向上する。全社員の長所・短所を把握する方法とは。

社内はもちろん学生や求職者からも“頼られる”存在に…3年目人事が磨くべきスキルとは。

社内はもちろん学生や求職者からも“頼られる”存在に…3年目人事が磨くべきスキルとは。

採用面接でどこまで自分の付加価値を最大化できるか。あくまで応募者側の立場で利益を考える。

採用面接でどこまで自分の付加価値を最大化できるか。あくまで応募者側の立場で利益を考える。

何かあればすぐ思い出される存在に。“世話焼き”人事が目指すのは「職場のお母さん」。

何かあればすぐ思い出される存在に。“世話焼き”人事が目指すのは「職場のお母さん」。

IT業界への限りない愛情とビジネスマインドを備えた人事、3年目の決意。

IT業界への限りない愛情とビジネスマインドを備えた人事、3年目の決意。

社会を変える、新しい働き方を創る…ビジョンと採用企画のリンクに挑戦するエヴァンジェリスト。

社会を変える、新しい働き方を創る…ビジョンと採用企画のリンクに挑戦するエヴァンジェリスト。

人事未経験から始めたからこそ、素直に仕事と向き合い、仲間から愛される存在に。

人事未経験から始めたからこそ、素直に仕事と向き合い、仲間から愛される存在に。

考えたことを制度にする実現力。創業当初から会社を支えた唯一無二の人事が打ち明けること。

考えたことを制度にする実現力。創業当初から会社を支えた唯一無二の人事が打ち明けること。