言葉の裏側にある本当の思いをどこまで引き出せるかで、最良の採用は決まる。

その人ごとの面接を。

面接に来た方は大なり小なり緊張しています。少しでも普段の話し方ができるよう、充分にアピールをしていただけるように、その人に合う質問や、雑談を交えながら話をすることで緊張を和らげてあげます。

社長のフランクさがチャームポイント。

思い出の面接・採用

『真の思いや、隠れた可能性を引き出すことができた採用』

労働環境の悪い会社でWEBデザイナーとして働いた女性が営業職で面接に来ました。おとなしい印象で営業としては少し懸念がありました。しかし職歴はもちろん、美大出身という学歴もあったことから、デザインの課題を出してみることに。提出された作品は社内の評価も高く、本人にもよくよく話を聞くと実はデザイナーを続けたいというモヤモヤ感を持っていることがわかりました。その後、弊社でデザイナーとして再出発をし、非常に活き活きと働いております。お互いにとって最良な採用が出来た事例として、とても印象に残っています。

こんな人は活躍できる!

『目標に向かって計画的に、かつ果敢に挑める人』

明確な目標をもち、計画をたて、主体性を持ちながら行動できる方が活躍できます。自分の意見を言いやすい環境も整っているので、新しいことに果敢にチャレンジしたい方も大歓迎です。

ウチの会社ココがいい!

『社長がとてもフランク』

社長自らの声かけで、食事に行く機会も多くあります。飲食店をやっているので、様々なお店の味を知ることもお仕事のひとつ。おいしいものを食べながら、いろんな社員とコミュニケーションがとれる、そんな機会を積極的に設けてくれる社長がいることは、大きなチャームポイントです。

企業紹介Bijinji Office

株式会社オンライフ[ 企業サイト:URL ]

事業内容

EC事業、ワイン通販およびスクール&飲食店舗事業、制作事業、カスタマーサポート事業

所在地

東京都品川区西五反田1-18-9 五反田NTビル8F

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

高い採用目標に対して意識したことは“即日対応”ではなく“即時対応”

現場の活気や雰囲気を包み隠さず臨場感たっぷりに伝える、元営業ウーマン。

思うように活躍できなかった“カッコつけ”の自分。未経験人事での葛藤でその殻を破った。

“幸せをまくハチ(Macbee)”を輩出する…社名に紐づく教育が花ひらくまで。

強烈な失敗体験をバネに「組織とは?」「人材とは?」を常に問い続ける人事リーダーの本音。

応募者と面接者、どちらが上でも下でもなく目線をあわせたコミュニケーションを。

学生と人事、現場と人事。見えない距離を埋める“コンテンツ”として輝き続ける。

いずれは心理学をベースにした教育担当に。見た目と中身のギャップで魅せる、クールな情熱家。