「人材系の仕事はもう二度としたくない」その考えを覆したきっかけは、やはり“人”にあった。

B(馬鹿が)N(日本を)G(元気にする)

B(馬鹿が)N(日本を)G(元気にする)

前職では、医療人材関係の会社でコンサルタントとして仕事をしていました。当時は自身の売り上げを伸ばすことが最優先で求められていたので、求職者の本質的な希望を叶えるために腰を据えて対話する時間は到底作れなかったんですね。そのような環境に嫌気が差してしまい、転職を決意。数ある企業の中で偶然見つけたのがBNGパートナーズでした。ホームページを見てみると“B(馬鹿が)N(日本を)G(元気にする)”と社名が書いてあり、一体どんな会社なんだ、と(笑)。興味本位で、最初はただ話を聞きに行くつもりで面談に行ったのですが、そこでお話をさせていただいたBNGの人事の方や社長の話がまたとても印象深いもので。売り上げ至上主義な風土は全くなく、求職者の方が本来したいこと、求職者の方の仕事に対する“志”を何より重要視する風土。人事の方、社長共に熱く自社のことを語る姿勢を見て、シンプルに「一緒に働きたい」と思ったんですね。BNGパートナーズは“志”でマッチングする求人・転職サーチを強みとする人材関係の企業で、まさか再び人材関係の会社に入社するとは思っていませんでしたが、運よくそのまま採用まで話が進み、入社が決まりました。

コンサルタントから広報になるまで

コンサルタントから広報になるまで

おそらくBNGの中でも、私が一番いろいろな職種を経験しているんじゃないかと思いますね(笑)。前職の人材系企業でコンサルタントをしていたこともあり、入社してからの9ヶ月間はコンサルタントの仕事をしていました。その後、当社でマーケティング部門を立ち上げるという話が上がり、名乗りを上げたところ、コンサルタントと兼任でマーケティングの仕事を担当するように。マーケティング部門の動きが軌道に乗ってからは、今度はコンサルタントから外れて営業企画や採用広報の仕事を担当することになりまして(笑)。コンサルタントとして外部に目を向けていた時期を経て、社内をあらゆる角度から見ることができた経験は、現在の広報の仕事に存分に活かされていると思います。入社前にもホームページを見て思ったことだったのですが、社内メンバーのキャラクターがとにかくみんな濃くて(笑)。今だと元歌舞伎町のホストから、新卒1年目で役員になったメンバーまで本当に十人十色なんです。少しでも多くの方々に知っていただくために、広報として各メンバーのインタビュー記事をアップしているのですが、「〇〇さんのインタビューを読んで来ました」と面接時などに応募者の方に言っていただけるとやはりうれしいですね。

中途メンバーの入社が増えて変わること

中途メンバーの入社が増えて変わること

ベンチャー企業であるBNGパートナーズは、2年前では15名ほどの少数精鋭だったのですが、現在ではインターン生を含めて40名ほどまで規模が拡大しています。今までは新卒採用をメインに人員の拡大をしてきた当社。今後はさらにスピード感を持って会社としての業績向上、規模の拡大を図る計画があり、中途採用の割合が増える予定です。現状でも中途採用のメンバーは多数活躍しているのですが、新卒メンバーとの違い、会社が最も大事にする“理念”を共有することに難しさを感じていますね。社内においては、中途メンバーの定着率の向上が今後の課題です。現在はまだ出来たばかりの戦略人事という部署と連携して、社内に対する働きかけも積極的に行なっている真っ最中。例えば“失恋休暇”や“バースデー休暇”など、オリジナリティのある制度が実はBNGにはたくさんあるのですが、悲しいことにその制度を社内で知っているメンバーが少ないという現状もあって…(笑)。会社の“理念”に共感してもらえる制度を社内メンバーのために作ること、すでに存在する社内メンバーを想って作られた制度を知ってもらうこと、この二点が今の私の社内におけるミッションですね。

面接で聞きたいことは“愛された経験”

面接で聞きたいことは“愛された経験”

私たちは中途採用の面接でいらっしゃった応募者の方と、今までのキャリアの話はあまりしません。新卒の方であっても、いわゆる「大学時代に成し遂げたことは何ですか?」という質問もしないんです。どういう子供時代を送ってきたのか、ということについてお話をするんですね。例えば、小さい頃にどんな習い事をしていたのかについて応募者の方が一生懸命に話している様子から、“愛された経験”の片鱗が垣間見える瞬間があって。BNGは誰かを想いながら“利他的”に動くメンバーが多く、私はその風土が大好きなのですが、そのメンバーたちに共通して言えることが誰かに“愛された経験”を大事にしていること。一見、仕事に結びつかないような部分にも見えるかもしれませんが、私たちが重要視する部分なんですね。現在は広報という立場に変わって面接にはあまり参加しなくなりましたが、BNGの魅力を効果的に多くの人に伝えるために、さまざまな施策を思案中。もともと、自分の好きなことを誰かに伝えることが得意な性格なので、自分の強みを活かしながら私が思うBNGの好きなところを、多くの方々に知ってもらうつもりです。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『感情ことば選び辞典』
友人の誕生日プレゼントを探しに本屋さんに行ったところ、この本が目に止まり、つい自分用にジャケ買いしてしまいました(笑)。専任の広報になった時から、多くの人の目に触れる場所で自分の文章を公開することが増えたので、日々の業務の中で文章の書き方に困った時は、参考にしています。文章で表現することって本当に難しくて…(笑)。最近はいつもこの本に助けてもらっていますね。

お気に入りの仕事道具

企業紹介Bijinji Office

株式会社BNGパートナーズ

株式会社BNGパートナーズ [ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

「日本を元気にする馬鹿」に専門特化したエグゼクティブサーチ事業(厚生労働大臣13-ユ-304467)、ベンチャー企業のための顧問派遣サービス「CxO派遣」(出願番号2016-139115)を商標出願中!、成長戦略としてのM&Aマッチングサービス

所在地

東京都千代田区五番町4-5 五番町コスモビル3階

プロフィールProfile

坂脇 奈緒

坂脇 奈緒

前職の人材系企業でのコンサルタント経験を経て、BNGパートナーズと出会う。入社後はコンサルタント、営業企画、採用広報、広報とさまざまな業種を通して、自社のあらゆる側面を見てきた唯一無二の存在。現在は専任の広報としてBNGの“魅力”を社内、社外に向けて精力的に発信し続けている。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

原点はマッチング。”仲間とのつながり”に支えられてきた美人事が目指すキャリア像。

原点はマッチング。”仲間とのつながり”に支えられてきた美人事が目指すキャリア像。

採用される側から採用する側に移ると“年齢の近さ”は強みになる。

採用される側から採用する側に移ると“年齢の近さ”は強みになる。

グローバルコンサルティングファームで新卒採用を担うやりがいの大きさ。

グローバルコンサルティングファームで新卒採用を担うやりがいの大きさ。

自分ならどう思うか、からはじまる採用活動はスタートアップに欠かせない。

自分ならどう思うか、からはじまる採用活動はスタートアップに欠かせない。

すべての経験が糧になる。個々の能力を最大限に引き出し、サポートするのも人事の仕事。

すべての経験が糧になる。個々の能力を最大限に引き出し、サポートするのも人事の仕事。

学生と人事、現場と人事。見えない距離を埋める“コンテンツ”として輝き続ける。

学生と人事、現場と人事。見えない距離を埋める“コンテンツ”として輝き続ける。

会えてよかった一社、逢えてよかった人事と思われるための取組み。

会えてよかった一社、逢えてよかった人事と思われるための取組み。

理想的なビジネスチームを創る。そのために事業がある。だから“辞めない”。

理想的なビジネスチームを創る。そのために事業がある。だから“辞めない”。