ひとりひとりの社員が理念についての「解」を持つこと…その積み重ねが採用ブランドになる。

企業理念に心惹かれて

企業理念に心惹かれて

人事のキャリアは2年目になります。その前はアウトソーシング事業で客先常駐のヘルプデスクを担当していました。180度異なる仕事でしたが、そこは持ち前のチャレンジ精神で異動しました。面接などの業務以外にも、新卒採用のブランディングや広報にも携わっています。

学生にインテリジェンス ビジネスソリューションズという会社をどう見せていくか、が私のミッション。そのために必要なのは社員一人ひとりの声を届けていくことだと考えています。というのもトップをはじめ全社員が「はたらく楽しさをいっしょにつくる。」という企業理念への解を持っているからです。

実は私自身、就活時にこの理念と、それを体現している社員に惹かれて入社を決めたという経緯があります。当時の私にとって「はたらく」というネガティブな言葉と「楽しむ」というポジティブな言葉が組み合わさった理念の会社ってどんな会社なのだろうと、とても気になって興味本位で覗いてみたら、会う人みんなが理念の体現者でした。これはすごいことだ、と志望動機が一気に高まったものです。そんな体験をひとりでも多くの学生さんに味わってほしいと思います。

グループ面接でも一人ひとりを覚えている

グループ面接でも一人ひとりを覚えている

採用の現場ではグループ面接を担当。一人ひとりと濃い時間を過ごすことはありませんが、それでも全員の顔、話してくれた就活の軸などすべて覚えています。グループ面接は数名で実施するのですが、自分が受け持ったグループの中から内定者が出てくれると、素直にうれしいです。ワクワクする瞬間でもあります。

面接で主に見ているのは、過去の経験をどれだけ自分の言葉で喋れているかということ。内容についても主体的に頑張ってきたことがあるかどうかを重視しています。というのも当社では主体性の持ち主じゃないと活躍できないから。成長機会や実力を磨くフィールドは用意されていても、それを自ら動いてとりにいけるようじゃないと…上から与えてくれるものじゃありませんからね。

ただグループ面接なので、全員分すべての面をチェックできません。そこは申し送りでカバーです。この部分については見えていないと正確に伝えることで、スムーズにバトンを渡せると思います。加えてどんな話が刺さりそうか、どの社員にあわせたほうがいいなど私なりの意見も加えるよう意識しています。

かかる工数よりも学生のことを優先して

かかる工数よりも学生のことを優先して

あと面接で心がけているのは、とにかくわからないことは素直に聞くということ。こんなこと聞いてはいけないかな?きっとこうだろうという思い込みや遠慮はしません。どんどん踏み込んで、相手の懐に入っていくようにしています。もちろんわからないことが出てきたら、素直に聞いちゃいます。私自身、そういう面接に好感を抱きました。

個人メールで面接のフィードバックをすることもあります。縁があって出逢った学生さんには、社会に出てからも活躍してほしい気持ちがあるのです。

面接を通じて私なりに思ったことや、もっとこうすれば良くなるよっていうアドバイスをすることで、その学生さんにとっての気付きや発見になればと思っています。工数は確かにかかってしまうのですが、学生さんの成長を考えるとつい手厚くフォローしたくなります。

ガマンしない、という健康法

ガマンしない、という健康法

休日は仕事のことを一旦忘れて、友達とご飯食べに行ったり、飲んだりして過ごしています。たまにリフレッシュも兼ねてネイルに行くこともあります。あと、ストレス解消になるかわかりませんが…たっぷりと寝ることですね(笑)。いや睡眠本当に大事ですよ。

美について特に意識することはないのですが、しいて言えば食べることには気をつかっていますね。食べ物もきちんとカラダにいいものを選ぶし、食べる時間も寝る前は避けるとかしています。昔は暴飲暴食で間食もしょっちゅう、というタイプでした。いまはその辺り、特に注意しています。

ただ、一つ言えるのは「ガマンはしない」ということですね。最低限のルールを守った上で、好きなものを好きなときに好きなだけ食べる。無理はせず、自然体でいることが私にとっては健康法でもあります。実家が新潟ってこともあって日本酒も好きですしね。魚中心の和食に、辛口の純米酒をあわせたり。「食」ひとつとっても、楽しむことが大事なのではないかと思います。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『セキュリティカードホルダー』
面接などの際、自己紹介するときにカードをお見せするのですが、以前はボロボロのカードケースでした。それを見かねてか、同期の仲間がハンドメイドで作ってくれたのがこれ。手づくりですよ、手づくり!本皮なので使うほどに味がでるし、とても気に入ってます。

お気に入りの仕事道具

企業紹介Bijinji Office

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ [ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

業務プロセスコンサルティング、システム企画・開発・運用 他

所在地

東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント7F

プロフィールProfile

蒲原 季子

蒲原 季子

事業統括部 人材開発部 新卒採用グループ 新卒で入社後はアウトソーシング事業部にて客先常駐でのヘルプデスク業務の従事。約6年の勤務を経て2年前から人事にコンバート。大晦日生まれ、4人姉妹の末っ子、なおかつ双子の妹。さらに姉も新卒で同じ会社に入社するというミラクルなエピソードの持ち主。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

理学療法士からの転身。はじめての採用業務にも臆せず挑戦する日々の、その先にあるもの。

理学療法士からの転身。はじめての採用業務にも臆せず挑戦する日々の、その先にあるもの。

限られた時間で相互理解をどこまで深められるか…面接に求めるのは“質”。

限られた時間で相互理解をどこまで深められるか…面接に求めるのは“質”。

エンジニアの観点で採用活動に貢献。相手の深い部分を知ることができるのは経験があったから。

エンジニアの観点で採用活動に貢献。相手の深い部分を知ることができるのは経験があったから。

嘘をつかない、妥協しない、背伸びをしない。学生からの信頼を集める“等身大”の人事。

嘘をつかない、妥協しない、背伸びをしない。学生からの信頼を集める“等身大”の人事。

入社がゴールじゃない。本質的なマッチングを目指す、Fan’s(ファンズ)式採用フロー。

入社がゴールじゃない。本質的なマッチングを目指す、Fan’s(ファンズ)式採用フロー。

面接時の顔は素の顔じゃない、と仮定するところからはじまる採用活動。

面接時の顔は素の顔じゃない、と仮定するところからはじまる採用活動。

採用コンサルタントと人事の兼任から生まれる、人を見抜く採用力。

採用コンサルタントと人事の兼任から生まれる、人を見抜く採用力。

社内はもちろん学生や求職者からも“頼られる”存在に…3年目人事が磨くべきスキルとは。

社内はもちろん学生や求職者からも“頼られる”存在に…3年目人事が磨くべきスキルとは。