原点はマッチング。”仲間とのつながり”に支えられてきた美人事が目指すキャリア像。

“二足のわらじ”を履く決意

“二足のわらじ”を履く決意

入社のきっかけは、フェズの設立登記に関わったことでした。まだ事務所がない状態の頃から会議に参加するなど、少しずつお手伝いみたいな感じで業務に関わっていたんです。その後「本格的に会社を運営させていこう」となったとき、バックオフィス担当がいないという問題に直面。そこでもともとやっていた司法書士業務の傍らお手伝いすることになりました。

そんな二足のわらじを履きながら感じたのは、司法書士と企業との距離をもっと詰められないかということ。実は司法書士の仕事自体は決定事項の最終手続きが中心。私としてはもっと会社に入り込みたかったんですね。もちろん法人のお客様からは「先生」と頼られる。だから、この距離を詰めたら新しいサービスが生まれるんじゃないかと。

ちょうどフェズはIPOを目指して高速で成長しようとしています。立ち上げから株式公開まで最速で経験できる会社はここしかないだろうなと思いました。つまりそれだけ学びも多く、かつ頼られることも多い。
それは私にとって得がたい経験になると思い、思い切って本格的にジョインすることを決めました。

採用から一歩踏み込んだ領域へ

採用から一歩踏み込んだ領域へ

私は、ゴチャゴチャしているものをキレイに整えていくのが好きなんです。フェズでは、人事、広報、労務など複数の業務をかけもちしています。その中でもメインとなるのは人事の仕事。採用情報の掲出から応募管理、面接・選考、入社後の手続きまで一連の流れ全てに携わっています。一番手応えを感じるのは、自分が採用した人たちの成長をそばで見続けられること。そして人事とはいえ採用だけでなく、個の教育や事業創りにまで踏み込んだ取り組みができていること。

逆に大変だなと思うところは「1人1人の強い個性をどれだけ理解できるか」ということ。社員全員の強みや弱みを理解して、どこの組織に配属したらより相乗効果を生むだろうか。また組織も人も成長していけるだろうかと考えなければいけません。人事を経験するまでは、そのような目線を持っていなかったので、今後特に注力していきたいポイントですね。あとは、スタートアップあるあるですが(笑)細かく煩雑な業務も多いので、効率よく仕事をするためにHRテックツールを使いこなしていきたいです。

“強い組織”がビジョンであり、ミッション

“強い組織”がビジョンであり、ミッション

採用時に特に注力するポイントは、”成長意欲があるかどうか”。面接では「把握、行動、改善」のサイクルをいかに速いスピードで回せるかをチェックしています。”今の状況を把握して、まず行動してみる。そしてそこから改善させていく”ということを無意識でできる人は、圧倒的なスピードで成長すると考えているからです。学生でも社会人でもそういった経験をお持ちの人は積極的に採用していますね。

成長意欲の他にも”多様性のある強い人”かどうかという点も重視しています。たくさんの個性が集結したときに、それをどうまとめて強い組織にしていくのか考えることも人事の仕事。よく個性が強い人をまとめるコツ”を聞かれるんですが、会社として目指しているところを浸透させることに尽きるんじゃないでしょうか。向いていく方向性を社員全員で統一して、行動に落とし込む。それをどこまで拡大できるのかというのが私のビジョンでありミッションですね。同時に”人事広報部”を立ち上げるという役割も担っています。それがとても楽しいです。大変ですけどね(笑)。

これからも、目指すのは “つなぐこと”

これからも、目指すのは “つなぐこと”

実は、以前まで何でも完璧にやりたい性格だったんです。でも仕事もプライベートも完璧にこなすって無理じゃないですか。なので今は”完璧を目指さずに出来ることをしっかりやる”を心がけています。何の仕事をどの程度のクオリティで求められているのか考えて仕事に取り組む。そういった軸さえ持っていれば”完璧”でなくても良いかなと思います。近い将来、今の仕事にプラスして子育てが入ってきたらますます時間が足りなくなります。家族との時間をしっかり作るためにも、線引きは必要かなと。

3年後にはフェズもきっとIPO直前。その頃までには人事労務含めてバックオフィスにどこまでテックを導入できるかということを実践・検証しておきたいです。ツールで解決できる所と、リアルじゃないとダメな所があると思うので。それを踏まえた上で新しいサービスやプロダクトをつくるのか、はたまたそういう働き方ができる人をマッチングさせるのか…何らかの新しい価値提供ができる人間になっていたい、という思いがありますね。もちろん身近な人や社会から必要とされていたい、という思いは変わらずあるので、どのようなカタチにしても“つなぐこと”に関わっているはずです。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『ノートとペン』
このペンは、司法書士試験に合格したときにリクルート時代の仲間にいただいたもので、4年間肌身離さず使っています。ノートは、フェズにジョインするときに気持ちを入れ替えるために買いました。スケジュール管理などはほとんどWEBで済ませてしまうんですが、”今の思い”はデジタルで残すよりその場で書き込みたくて。

お気に入りの仕事道具

企業紹介Bijinji Office

株式会社FEZ

株式会社FEZ [ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

広告代理事業、メディア事業、就活サポート

所在地

東京都港区南青山2-2-8 DFビル7階

プロフィールProfile

水光 涼

水光 涼

経営企画室 広報・人事・法務/最近、健康への意識の高まりから、食事に気を遣ったりジムで走るようになる。月に1回、”生きていく上で学んでおくべき知識”を学ぶため、プロを呼んで勉強会を開催。仕事もプライベートも充実させている美人事である。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

活躍する姿を限りなく鮮明にイメージする。システムエンジニアリングサービスの採用手法とは。

活躍する姿を限りなく鮮明にイメージする。システムエンジニアリングサービスの採用手法とは。

すべてがゼロからのスタート。部門立ち上げ成功のカギを握るのは、新米人事の細やかな気くばり。

すべてがゼロからのスタート。部門立ち上げ成功のカギを握るのは、新米人事の細やかな気くばり。

何でもポジティブにチャレンジしていたら、自ずと仕事の幅が広がった。

何でもポジティブにチャレンジしていたら、自ずと仕事の幅が広がった。

面接時の顔は素の顔じゃない、と仮定するところからはじまる採用活動。

面接時の顔は素の顔じゃない、と仮定するところからはじまる採用活動。

社内はもちろん学生や求職者からも“頼られる”存在に…3年目人事が磨くべきスキルとは。

社内はもちろん学生や求職者からも“頼られる”存在に…3年目人事が磨くべきスキルとは。

採用だけでなく入社後の成長と活躍までケアしたいから…目指すは人事のゼネラリスト。

採用だけでなく入社後の成長と活躍までケアしたいから…目指すは人事のゼネラリスト。

良いことも、そうでないことも伝えあう“本音面接”の先にあるもの。

良いことも、そうでないことも伝えあう“本音面接”の先にあるもの。

働き方を“選ぶ”のではなく“作る”「ワークライフバランス」のパイオニアになるために。

働き方を“選ぶ”のではなく“作る”「ワークライフバランス」のパイオニアになるために。