理学療法士からの転身。はじめての採用業務にも臆せず挑戦する日々の、その先にあるもの。

医療の世界から企業の世界へ。

医療の世界から企業の世界へ。

前職は理学療法士でした。病院に勤めていたんです。専門学校を出てすぐだったので、資格こそあれど経験はないも同然。でも、医療の現場ではそんな泣き言は許されません。先輩の診察を横目に、果たして自分はきちんとできているだろうか、と葛藤の日々を送っていました。そんなときふと思ったのが、理学療法士の資格自体なくなることはない、ということ。つまり、いつでも医療の世界には戻れる。それなら今しかできない挑戦をしてみたい、と。民間企業への興味が湧いてきたんです。

そんな時に出会ったのがWizでした。私、もともと専門卒だけに知識の面からも不安で、企業でやっていけるか自信がなかったんです。でもWizは、未経験から挑戦できる環境であったこと。採用を支援できる人事職に興味を持ったこと。この2つの理由から自分のスキルアップに繋がるかなと思い応募しました。

今行なっている業務は、面接日時の設定、応募者のサポート、選考プロセスの進捗管理。そしてこれからは新卒採用をメインで担当する予定なので学生の最終選考に携わっています。具体的には、学生に対して経営陣が来る前に事前の説明や条件面のヒアリング、面接が終わった後の部署の紹介などです。

企業の現場でも頼れるのは先輩でした。

企業の現場でも頼れるのは先輩でした。

いま一番力を入れているのは17新卒採用です。ベンチャーでは大手企業が採用活動をはじめる6月よりも前倒して学生と接点をつくってきたわけですが、ちょうどここから夏にかけて学生とのグリップを強くしておかないと…どんどんネームバリューのある会社に人材が流出してしまいます。

先輩たちの姿を見ると自分の課題が浮き彫りになりますね。内定連絡ひとつとっても私ならあっさり「おめでとうございます」と言ってしまう。ところが先輩は楽しそうな会話を交えながら特別感たっぷりに伝えているんです。それに、新卒の内定者研修をお手伝いしているのですが、先輩の対応が一つひとつ丁寧でうまいんです。なるほど、こうやって学生の心を掴むんだと日々発見がありますね。これから二次選考のグループディスカッションを任されます。全体の進行役なので、先輩からグリップの上手さを盗んで実践していきます。

人事としてはまだまだ新人の私ですが、応募者の方は覚えてくれていたりするもので。説明会で会った学生が最終選考終了時に挨拶してくれたり、入社手続きを担当したアルバイト採用のスタッフが現場で声をかけてくれたり。人事冥利に尽きる嬉しい瞬間です。

Wizで活躍する人を見分ける選考のポイント

Wizで活躍する人を見分ける選考のポイント

私が面接で見ている部分は、競争環境で強くなくてもいいから、めげないところ。落ち込みすぎない。切り替えが早い。そういう方が活躍できると思います。Wizは個性的かつ目立つ方が多くて(笑)。そんな雰囲気にのまれて、自分もああならなきゃ!って思いつめてしまうと成長する機会を失います。逆にいろんな個性がある中で、自己主張できる人はどんどん会社に馴染んでいきますね。

私は選考で必ず「今までどんな失敗をしましたか?それに対してどう克服しましたか?」と質問をしています。この質問の答え方でよく考えるタイプか、それともスグ切り替えられるタイプかが分かります。どんなお仕事でもそうでしょうが、ずっと失敗した事で落ち込んではいられません。Wizのヒューマンポリシーにもある「スピードがある」という点にもあるように、Wizでのお仕事はお客様対応が中心なので、切り替えが速い方、克服上手な方が伸びているように思います。

また、時々「保育士を目指しつつも企業にも興味がある」といった私と似た境遇の方からの応募があります。そんな時には「未経験からでも挑戦できる環境ですよ」と自分の経験談を交えて話すことで不安を取り除いています。

理学療法士では経験できない成長を。

理学療法士では経験できない成長を。

理学療法士から人事になって、研修期間中に営業も経験したからだと思うのですが、自分から一歩前に出て積極的に売り込むスキルは身に付いたと思います。理学療法士の時は、待っていても患者さん側から来てくれることがほとんど。でも、人事は違います。先輩から「採用は営業だよ」と言われるぐらい、会社のことを知ってもらうためにとアピールしなければなりません。求職者には当然選択肢があります。その中から選んでもらうために、自分は会社の顔だと責任を持って行動できるようになりました。

私自身、病院から民間企業へと転職をしてもうすぐ1年。キャリアはまだまだ浅いです。これから中途採用を行う立場になれば、自分より何歳も年上の人を面接する可能性があります。なので、今大切にしているのは、思い込みや偏見で人を判断しないこと。その人が優秀であるかどうかを見抜こうとするよりもWizに合う人か、一緒に働く仲間になってくれるかどうかを判断できるような人事になっていきたいですね。

愛読書
My favorite book

『栄養学の基本がまるごとわかる事典』
一人暮らしを始めてから肌も荒れて、体重も増えちゃった時期があったんです。これはまずいなと思って、そこから食生活を見直しました。この本を読んで、前までは美味しものだけを食べていたのが、栄養を知って、気になった野菜を買ってみたりと気をつけるようになりましたね。

愛読書

おすすめカフェ
Recommended cafe

店名 WORLD NEIGHBORS CAFÉ(ワールドネイバーズカフェ) [ URL ]
ジャンル ソーシャルアパートメントカフェ
電話 03-5981-6211
WORLD NEIGHBORS CAFÉ(ワールドネイバーズカフェ)

企業紹介Bijinji Office

株式会社Wiz(ワイズ)

株式会社Wiz(ワイズ) [ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

NTT事業、モバイル事業、オフィスコンサル事業、人事コンサル事業、求人メディア運営事業、比較メディア運営事業、VNO事業、VNOサポート事業

所在地

東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル12F(Wiz本社)

プロフィールProfile

福島 望

福島 望

人事部/医療の世界で理学療法士として働いていたキャリアから人事へと転身した異例の美人事。安定した資格を持っていながらも新たな世界へと飛び込む挑戦心のある人だ。一人暮らしを始めてから料理をよくするようになり、最近ではまいたけのスープと韓国料理のプゴクにはまっているそう。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

グローバルコンサルティングファームで新卒採用を担うやりがいの大きさ。

グローバルコンサルティングファームで新卒採用を担うやりがいの大きさ。

逆算してやりたいことを本気で成し遂げる人事。教育の観点で、学生に新たな気づきを与える。

逆算してやりたいことを本気で成し遂げる人事。教育の観点で、学生に新たな気づきを与える。

いわゆる“人事”ではなく、自社専任の“採用コンサルタント”がいると、学生の覚悟が変わる。

いわゆる“人事”ではなく、自社専任の“採用コンサルタント”がいると、学生の覚悟が変わる。

理想的なビジネスチームを創る。そのために事業がある。だから“辞めない”。

理想的なビジネスチームを創る。そのために事業がある。だから“辞めない”。

採用コンサルタントと人事の兼任から生まれる、人を見抜く採用力。

採用コンサルタントと人事の兼任から生まれる、人を見抜く採用力。

思うように活躍できなかった“カッコつけ”の自分。未経験人事での葛藤でその殻を破った。

思うように活躍できなかった“カッコつけ”の自分。未経験人事での葛藤でその殻を破った。

原動力は「自分らしさを発揮しながら楽しく働いてほしい」という願い。

原動力は「自分らしさを発揮しながら楽しく働いてほしい」という願い。

社内はもちろん学生や求職者からも“頼られる”存在に…3年目人事が磨くべきスキルとは。

社内はもちろん学生や求職者からも“頼られる”存在に…3年目人事が磨くべきスキルとは。