逆算してやりたいことを本気で成し遂げる人事。教育の観点で、学生に新たな気づきを与える。

最初は、先生になろうと思っていた

最初は、先生になろうと思っていた

小さな頃から私は、学校の先生になると決めていました。それにはきっかけがあります。満員電車で疲れた表情をして通勤する大人を直視した時、大人がこんなだから子どもも未来に憂いを持つんだと思ったことがあったんです。その時に私は、子どもに夢や希望を与えられるような先生になろうと決意。大学も教育学部を専攻して、教師になるための勉強をしていました。

大学3年生の時に、教壇に立つんだったらもっと世の中を知らないといけない。そう考えた私は教員試験の勉強と同時に就職活動も始め、レジェンドと出会いました。そこで夢中になって働く人たちをみて、子どもにイキイキとした姿をみせるのは教師じゃなくてもできるかなと考えるようになりました。色んな経験を積んで、自分の人生やりきったなと実感できれば、子どもに伝えられることがたくさんあるんじゃないかと気づいたんです。業種問わず多くの企業をまわりましたが、レジェンドはそれができる会社だと思ったので、入社を決めました。

教育制度をつくると宣言

教育制度をつくると宣言

私は、レジェンドの選考中から人事になりたいと言っていました。先生になることを目指していたので、教育に妥協はしません。多分偉そうな学生だったと思うんですけど、面接で「自分の学んだ教育の分野を活かして、御社の教育制度をつくります」と宣言していたんですよね。また、レジェンドには“1万人の企業をつくる”というビジョンがあります。現在の教育としてブラザー・シスター制度を導入しています。この制度は、今のレベルや規模感であれば問題ありません。ただ、今後1万人の企業にしていくには必ず新たな教育制度が必要になってくるという理由もありました。

入社してからは、教育研修、人事異動制度、労務管理が行なえる人事部をつくることが目標でした。最初は営業をやっていたんですけれど社長や役員との距離が近かったので、たまに食事に誘っていただけるんです。その時に、「こんな教育制度があったらいいのではないか」とか「こんな研修をしたら新卒が育つんじゃないか」などを伝えて、さり気なくアピールしてました(笑)。そんな矢先に社内で人事異動が行われて、私に声がかかったんです。

人が変わる瞬間に立ち会える

人が変わる瞬間に立ち会える

人事になってみて一番感じる醍醐味は、学生の目の色がキラっと変わる瞬間を間近で見れること。レジェンドは新卒採用で面接の代わりに、グループワークやインターンシップなどを行ないます。その時に、ずっと殻にこもっている子が、それを自分で破る瞬間があるんです。人が変わる瞬間に立ち会えるのは、この仕事ならではだと思います。

特に印象的だったのは、今年入社したばかりの不器用な男の子。その子は最初に「結局自分の人生で何がやりたいのか分からない」と言っていました。今まで生きてきた人生を紐解くようにじっくり会話をしてみると、その子が中学2年生の時に身内に不幸があったことが分かったんです。その時に、ありがとうって言いそびれてしまったと…。もうこれから先、ありがとうを言い残す人生にしたくないと断言した時、目の色がキラっと変わったんです。みんなが必ずありがとうと伝えられる組織にしたいと涙を流しながら話してくれました。人事は、どういう人生を送りたくて、そのためにはどういう時間を送るべきかを学生と真剣に話し合う機会があるので、学生に変わるきっかけを与えられる面白い仕事ですね。

残り2年間を全力で

残り2年間を全力で

レジェンドの人事は、採用の全てに関われます。会社の方針を踏まえて、今年の新卒は何人欲しいのかを考えて、どういう広告媒体を使って、どういうイベントに出てなど一通り情報を収集していきます。最初は分からないことばかりでしたが、ありがたいことに私が突っ走ったら役員や先輩が軌道修正してくれます。今では「何名採用したいから、そのためにかかる費用がこれくらいなので、いくらください」と役員に提案できるようになり、新卒採用に関するほとんどのことを任せてもらっていますね。

私は、今26歳なんですけど28歳に結婚して、29歳で子どもを生むという人生のプランを持っています。人生をその時その時ではなく、生涯の全体でとらえて、27歳までは仕事9、プライベート1で働く。結婚してからは仕事6、プライベート4。出産してからは仕事1、プライベート9にしたいんです。といこうとは仕事に対して打ち込める時間ってあと2年間しかありません。自分が少なくとも産休に入るまでは、絶対に教育制度を整えておこうと決めています。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『タンブラー』
これは、私の誕生日に新卒の子がくれたもの。このタンブラーは、自分の好きなものを入れられるようになっているので、新卒の子たちが写っている写真を入れました。飲んでふうっとなった時、この写真をみて、この子たちがもっと力を発揮できるように頑張ろうって思える元気の源です。

お気に入りの仕事道具

企業紹介Bijinji Office

株式会社レジェンド

株式会社レジェンド [ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

■プロモーション事業、KDDI特約代理店 ■家庭用ウォーターサーバーの宅配

所在地

東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビル3F(本社)

プロフィールProfile

井出 恵子

井出 恵子

人事部/幼い頃から目標がしっかり定まっていて、それに対して走り抜く力のある人。学生との思い出を話している姿が幸せいっぱいの表情をしていて、本当に人事が天職なのだと感じる。教育を学んできたらからこそ、それを活かしてつくった教育制度は誰にも真似できないものになるだろう。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

心底惚れたトップのもとには、やっぱり素敵な仲間がいた。だから途切れなかった初看板人事の道。

心底惚れたトップのもとには、やっぱり素敵な仲間がいた。だから途切れなかった初看板人事の道。

意志表示をするから、なりたい自分になれる。人事になるという目標を入社1ヶ月で叶えた。

意志表示をするから、なりたい自分になれる。人事になるという目標を入社1ヶ月で叶えた。

いわゆる“人事”ではなく、自社専任の“採用コンサルタント”がいると、学生の覚悟が変わる。

いわゆる“人事”ではなく、自社専任の“採用コンサルタント”がいると、学生の覚悟が変わる。

「社員の幸せなくして、お客様の幸せはない」働きやすい環境づくりへの飽くなき追求。

「社員の幸せなくして、お客様の幸せはない」働きやすい環境づくりへの飽くなき追求。

会社と学生の成長のため、幸せのため、ベストな道を探し続ける。新卒採用を一手に担う人財。

会社と学生の成長のため、幸せのため、ベストな道を探し続ける。新卒採用を一手に担う人財。

行動力と“言い訳しない”スタンスで、採用ブランディングに磨きをかける。

行動力と“言い訳しない”スタンスで、採用ブランディングに磨きをかける。

強烈な失敗体験をバネに「組織とは?」「人材とは?」を常に問い続ける人事リーダーの本音。

強烈な失敗体験をバネに「組織とは?」「人材とは?」を常に問い続ける人事リーダーの本音。

経験を自ら取りに行き、目指すは「誰よりも学生の可能性を信じ、その可能性を拡げられる」人事。

経験を自ら取りに行き、目指すは「誰よりも学生の可能性を信じ、その可能性を拡げられる」人事。