何かあればすぐ思い出される存在に。“世話焼き”人事が目指すのは「職場のお母さん」。

決断のきっかけは、社長の一言。

決断のきっかけは、社長の一言。

もともと好奇心旺盛な性格に加え「これだ!」と思ったことはトコトン追求するタイプ。学生の頃、ダイエットに成功したのをきっかけに、エステ業界への就職を決めました。規模が大きくない会社だったので一通り店舗責任者業務まで経験。やりきった感を味わいながら、次のキャリアを考えたときに株式会社リーデックスと出会いました。

当時の転職サイトに掲載されていた内容は、バックオフィス業務未経験でも大丈夫だったこと、なんでもチャレンジして良いというコピー。アットホームで自由そうな社風が伝わってきたのが印象的でした。ただ、内定連絡をいただいたとき、実は他社からも内定が出ていたんです。そのことを正直に話したところ、社長から「じっくりお話ししましょう」と直接オファーをいただき即面談。いろいろと話を聞いていただいた上で「絶対に後悔させないから、ウチにおいで」と力強く言ってくれました。内心では「本当に後悔させないのかなぁ?」と半信半疑だったのですが、その一言が心に残り入社決断のきっかけとなりました。

自由との闘いが私を成長させてくれた。

自由との闘いが私を成長させてくれた。

事務として入社し2か月。はじめての事務作業でしたが、性に合っていたのかなんとか一通りこなせるようになりました。少し余裕ができると周りの風景が見えてきて『なんでもチャレンジしていい』と言われたことをふと思い出して。『もっと多くの人に関わりたい、社員との距離が近い仕事をしたい』と希望。それが人事をはじめるきっかけでした。

とはいえ、もちろん人事も未経験。当時在籍していた先輩から、大まかな仕事内容を教えてもらった後は、やりながらワークフローを作っていきました。社長からのミッションはいつもシンプル「ゴールはここ。後は好きにやっていいよ」それだけです(笑)。いつもゼロからイチを作り出すために自分の足を使って情報収集したり、取引先の方との会話の中からヒントを得たり。人事関連のMTGではとにかくたくさんのアイディアを出して、試行錯誤しながら成果を積み上げてきました。当社名物の「会食面接」が生まれたのもその中から。食事の場を通じて、お互い普段の姿を見ることで自然と一体感が生まれる。通常面接よりも、決断までの意思決定がスムーズになりました。

絶対に両想いになる…想いを1通に込める。

絶対に両想いになる…想いを1通に込める。

人事としてのメインミッションは採用です。面接時は、技術の話は同席する社長やマネージャーに任せているので、私の役割はその場を候補者にとって心地よい環境に整えること。エステ時代のカウンセリングスキルを活かし、どんな方であってもリラックスして面接に挑んでいただけるように心配りをしています。採用って、恋愛と似てると思うんです。相手がどんなことをしたいのか、何を目指しているのか。少ない情報から最大限想像をして、本当にマッチしているかどうか確かめあう。確信が持てる頃には、すでに両想いというわけです。

だからスカウト1通送るにしてもレジュメを熟読し、仕事姿が明確にイメージできるまで考えます。そして、1時間ほどかけて熱烈なスカウトメールを送る。それがきっかけで、転職フェアへ出展した時わざわざ私に会いに来てくれた方もいるんですよ!お互い会った瞬間「ついに会えましたね!」と感動で握手をしていました。結果はもちろん採用。今その人は社内の中心人物として活躍してくれています。どの社員の採用も印象に残っているんですが、最も印象に残ったエピソードの一つです。

ありのままでいることが元気の源。

ありのままでいることが元気の源。

美の秘訣…というと、ちょっと違うかもしれませんが「好きなものを食べて、好きなものを飲んで、好きな人達といる」これが美と元気の源です。ガマンや無理をするのではなく、ありのままの自然体でいることで余計なストレスを溜めません。リーデックスの場合、社員同士本当に仲が良く、休日も社内のバスケサークルや肉会などに積極的に参加しています。うれしい時は我が事のように喜ぶし、起業などで会社を卒業する社員を見送るときは応援もするけど本当に寂しい気持ちにもなる。

ちなみにまだまだ道半ばではありますが、私の目指す理想の人事像は、安定していてやさしさがある「お母さん」のような感じかな(笑)。会社のことは何でも知っている、社員が安心できるお母さん的な存在になること。私にスポットライトは当たらなくていいんです。その代わり、社員と近い距離で働きたい。と宣言した要望がカタチになり、人事としての理想の姿が見え始めた今、公私ともに大好きな仲間と充実した日々を送っています。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

「腕時計」
人事・総務・経理と複数の業務を兼任しているので、時間の管理はかなりシビア。この腕時計は知り合いの方から頂きました。「見た瞬間、堀江さんが思い浮かんだよ!」と、これだけでも嬉しかったのですが、大好きな薄いブルーのベルトカラーにも一目ぼれしてしまいました。どんなに忙しくても、女性らしいピンク色のフェイスを見るとほっと癒されます。

お気に入りの仕事道具

企業紹介Bijinji Office

株式会社リーデックス

株式会社リーデックス [ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

コンサルティング事業、ソリューション事業、メディア事業

所在地

東京都渋谷区南平台町1-10 いちご南平台ビル5階

プロフィールProfile

堀江 彩華

堀江 彩華

ソリューション事業部/中途入社。持ち前の明るさと気配りで、老若男女問わず社員から愛される。その為「音楽系のDVD鑑賞が好き」と言えば周りの社員からすかさずおすすめDVDがデスクに。通常業務のみならず社員の服のシミ抜きまで手掛けるなど、あらゆる場面でみんなを見守るお母さん的存在の美人事。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

採用だけでなく入社後の成長と活躍までケアしたいから…目指すは人事のゼネラリスト。

採用だけでなく入社後の成長と活躍までケアしたいから…目指すは人事のゼネラリスト。

採用される側から採用する側に移ると“年齢の近さ”は強みになる。

採用される側から採用する側に移ると“年齢の近さ”は強みになる。

新卒一期生であること、3年半の営業経験… 自らの“体験”に裏付けられたブレない採用の軸。

新卒一期生であること、3年半の営業経験… 自らの“体験”に裏付けられたブレない採用の軸。

会社と学生の成長のため、幸せのため、ベストな道を探し続ける。新卒採用を一手に担う人財。

会社と学生の成長のため、幸せのため、ベストな道を探し続ける。新卒採用を一手に担う人財。

嘘をつかない、妥協しない、背伸びをしない。学生からの信頼を集める“等身大”の人事。

嘘をつかない、妥協しない、背伸びをしない。学生からの信頼を集める“等身大”の人事。

いわゆる“人事”ではなく、自社専任の“採用コンサルタント”がいると、学生の覚悟が変わる。

いわゆる“人事”ではなく、自社専任の“採用コンサルタント”がいると、学生の覚悟が変わる。

“モノづくりの現場”出身の人事がこだわる、丁寧なコミュニケーションと想像力。

“モノづくりの現場”出身の人事がこだわる、丁寧なコミュニケーションと想像力。

内定がゴールじゃないのは採用側も同じ。心をつかむ演出とフォローで入社動機を高める取り組み。

内定がゴールじゃないのは採用側も同じ。心をつかむ演出とフォローで入社動機を高める取り組み。