自社採用に技術者採用。さまざまな職種の面接をこなす彼女が目指すものとは。

会社の魅力を伝えるため、声をあげた

会社の魅力を伝えるため、声をあげた

私は中途採用でインターリンクに入社しました。前職ではIT系の新規開拓営業をやっていたのですが、そこの会社は離職率が高いという問題を抱えていました。それがきっかけで採用業務に携わりたいと考えるようになったんです。だから、転職活動では人事ができる会社に絞りこむことに。その中からインターリンクを選んだ理由は、人と環境です。入社前に3回社員の方と会う機会があったんですけど、雰囲気がすごく良くて。裁量が大きい仕事を任せてもらえそうだなという印象も持ちました。入社後のギャップはなく、今では思っていた以上に任せてもらっています。

今、私がメインとしておこなっているのは採用業務と広報業務。初めからその二つを任されていたという訳ではなく、もともとは採用業務が中心でした。しかしある時、人事として会社を大きくしていくためには今後広報も積極的にやっていかないといけないなという風に感じたんです。そこで、SNSや動画の配信、ランディングページの作成をやりたいと手を挙げました。それがきっかけで広報業務も担当させていただくことに。「やりたい」と声を上げれば任せてもらえる環境があるのは、インターリンクの魅力のひとつです。

成長のヒミツは“挑戦してみる”姿勢

成長のヒミツは“挑戦してみる”姿勢

現在インターリンクでは、自社の採用と、現場に常駐するエンジニアやデザイナー、ディレクターの採用をしています。割合はプロジェクトの状況にもよりますが、技術職の採用が8割くらい。IT業界では人手不足が叫ばれているのもあるので、常に採用している感じです。第一線で働く技術者を採用するには、当然専門的な知識が必要になってきます。技術者の能力を見極めるのに必要な知識を吸収するときは、”自分で使えるものは使ってみる”ことにしています。というのも、実際に挑戦してみないと、どんなことをしている職業なのか分からないじゃないですか。あとは、ウェブマガジンやメディアで新しい技術やツールに関しての記事を積極的に読んだり。ただ、インフラやプログラミングは難しく、流石にすぐにできるものではないので、社内の技術者に教えてもらっています。専門的な知識に加え、面接でチェックした方が良いポイントや質問内容なども相談したり。当社のメンバーは、向上心が強い人が集まっていて。お互いから学んでいるというのもあって、聞きやすい環境が整っているんですかね。

心を動かし、動かされる面接

心を動かし、動かされる面接

人事の仕事は、長期的に試行錯誤しながら考えていくものが多くて。段階を踏んで考える作業を根気強く続けていくのが大変。しかし、時間をかけて求職者の方や社内のメンバーと関係性を築いてきている分、感動もひとしおです。スカウトメールを送った方が応募してくれて入社まで繋がった時は本当に嬉しいですし、入社後に現場で活躍していたり、社員褒章を受賞している姿を見るとじーんときます。

面接の中で、本当にその技術のことが好きなんだと感じる”気持ちが伝わってくる面接”があるんです。そんな人は印象に残るし、一緒に仕事をしたいなぁと思います。私は、魅力的な人に入社してもらうために、ヒアリングをしながらその人にあった”説明”をするように心がけています。会社の説明ひとつとっても、さまざまな切り口で説明できるので。求職者の経験とやりたいことを照らし合わせて、同じような経歴の社員や成長につながりそうな社員を紹介するなど、さまざまな工夫を凝らしています。社内の情報を求職者の人に教えられるように、廊下を歩いているときや休憩室ですれ違ったら話しかけたり…普段からコミュニケーションを大切にしていますね。

“アピールする側”から”される側”へ

“アピールする側”から”される側”へ

「ITを使って日本企業を元気にする」。それが私たちの目標です。それを達成するために、今メインとしているクライアントサービスに注力しつつ、新しい自社サービスを作りたいなと思っています。インターリンクには、アイディア出しが上手だったりノウハウを持っていたり、優秀なメンバーがたくさん。そういったメンバーと、新しい技術を絡めた事業などを展開できたら良いねと話しています。常に新しいことに挑戦し続けたいですね。

やりたいことはたくさんあるんですけど、来年本腰を入れてやっていこうと思っているのが採用広報。今だとFacebookやTwitterなどSNS以外は、動画配信やLPを作ったり…スポット的なものも多いんです。オウンドメディアのような、社員の対談や紹介などを外部からも見ていただけるようなメディアを設けたいですね。というのも、今はどちらかというとこちらから求職者の方にアプローチすることがほとんどで。自分たちが何をしているのか、どういう会社なのかを正しくPRしていくことで、ゆくゆくは何をしなくても求職者の方から入社したいと言ってもらえるような状況を作っていけたらなと。たくさん入社してほしいです(笑)。

愛読書
My favorite book

『生産性』(伊賀泰代著)
同じ業界の知人や他社の方から勧められて購入しました。この本には、イノベーションをおこすためにどういうことをしていけば良いかなど、組織ぐるみでやらなければいけないことが多く書かれているんです。それが採用や組織づくり、教育や経営の面で、人事の仕事に通ずるものがあるなぁと思いました。とても勉強になります。

愛読書

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『手づくりのバッグ』
裁縫は、趣味で2年間続けているんです。もともとものづくりが好きで、軽い気持ちで始めたらどんどんのめり込んじゃいました。お気に入りのポイントは色合いを統一したところ。他にもポーチやめがねケースなどを作っています。

お気に入りの仕事道具

企業紹介Bijinji Office

インターリンク株式会社

インターリンク株式会社 [ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

ITサービス事業、WEBサービス事業、セールスプロモーション事業、アウトソーシング事業

所在地

東京都千代田区九段北4-1-3 飛栄九段北ビル7F

プロフィールProfile

和田 紫織

和田 紫織

人事部 人事採用課 係長/仕事中はハンドクリームやエッセンシャルオイルの香りでリフレッシュしている。疲れたときには甘い系の匂い、頭を冴えさせたいときにはミント系の匂いなど、場面によって使い分けているそう。ものづくりが好きで「何でもつくりたい」性格。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

働き方を“選ぶ”のではなく“作る”「ワークライフバランス」のパイオニアになるために。

働き方を“選ぶ”のではなく“作る”「ワークライフバランス」のパイオニアになるために。

入社半年で選考官も、広報も、教育も担う。仕事の範囲を広げるヒントは、自分の視点を持つこと。

入社半年で選考官も、広報も、教育も担う。仕事の範囲を広げるヒントは、自分の視点を持つこと。

戦略人事という仕事を通して、社員にとっての“本当の幸せ”を見つけ出す。

戦略人事という仕事を通して、社員にとっての“本当の幸せ”を見つけ出す。

魅力を伝えるだけが採用じゃない!会社と学生のマッチングに大切なこと。

魅力を伝えるだけが採用じゃない!会社と学生のマッチングに大切なこと。

ひとりひとりの社員が理念についての「解」を持つこと…その積み重ねが採用ブランドになる。

ひとりひとりの社員が理念についての「解」を持つこと…その積み重ねが採用ブランドになる。

「人材系の仕事はもう二度としたくない」その考えを覆したきっかけは、やはり“人”にあった。

「人材系の仕事はもう二度としたくない」その考えを覆したきっかけは、やはり“人”にあった。

経験を自ら取りに行き、目指すは「誰よりも学生の可能性を信じ、その可能性を拡げられる」人事。

経験を自ら取りに行き、目指すは「誰よりも学生の可能性を信じ、その可能性を拡げられる」人事。

業界に捉われないビジネスプロデューサー集団。仕事を通じて自己実現を目指すポジティブな連鎖。

業界に捉われないビジネスプロデューサー集団。仕事を通じて自己実現を目指すポジティブな連鎖。