社会を変える、新しい働き方を創る…ビジョンと採用企画のリンクに挑戦するエヴァンジェリスト。

どこでも通用する人材を目指して

大学卒業後、新卒で入社したのは銀行でした。窓口業務がメインだったのですが、あまりにも事務仕事が性にあわず、一般職なのに保険や投資信託の提案も行なっていました。もともと体育会系女子ということもあり、アクティブな仕事への興味関心は深まるばかり。もっと人生に関わる提案でやりがいを感じたいと入行3年半で転職を決意。人材紹介の営業としてセカンドステップを踏み出しました。

もっと世の中を知りたい、どこでも通用する人材になりたいと思っていたので、法人営業からスタート。立ち上がりこそ苦労しましたが、なんとか壁も乗り越えて、こんなにおもしろい仕事があるんだと実感。文字通り水を得た魚でしたね。その後、もともと希望していたキャリアアドバイザーに異動。営業以上にやりがいを感じながらいろいろな方の相談に乗るうちに、ひとつの問題意識が芽生えたのです。

それはその人の意欲や努力と関係なく、就業できないケースがあるということ。たとえば出産後に社会復帰を果たそうとしても受け入れてくれる職場がなかったり、介護のために離職すると復職が困難だったり。どこにいてもその人が持つ能力を発揮していきいきと働ける受け皿が、日本にはないんです。

社会を変える、多様性のある働き方を創る

個人のキャリア支援も確かにやりがいのある仕事です。でも、もっと社会を変える、新しい働き方を創るような事業にコミットしたい。そんな思いに駆られながら「働き方 多様性」といったキーワードで検索していると“クラウドソーシング”という言葉との出会いが。なかでもランサーズは個人がいかに豊富な選択肢を得られるかということにフォーカスしていたので、私の道はここしかないと。

人事の経験こそありませんでしたが前職で身に付けた知識やスキルは活かせるはずだし、年齢的にもキャリアチャンジ最後のチャンスだという覚悟で飛び込みました。入社してみて感じるのは、代表をはじめ部長やマネージャーも自分たちと同じ現場目線を持ちながら引っ張ってくれる環境だということ。意見を上から押し付けることなく、こちらの意見を聞いた上でどう実現するかを一緒に考えてくれる。これがランサーズの特徴だなと思います。

実際に代表からも「もっと内藤さん前のめりでいいよ、内藤さんのアイデアが欲しい」と言われます。しかも言うだけじゃなくアシストもしてくれる。自分で決められる範囲が広い上に、会社や事業の成長を担っているという手応えを実感しています。

どれだけランサーズらしさを出せるか

すごくビジョナリーな会社なので、そこをどれだけわかりやすく見える化できるか。これが目下のテーマです。採用って求職者は活躍できる場を、企業は活躍できる人を、お互いに見つけあうというフェアなものですよね。そう考えると学生や転職者にランサーズが自分が活躍できる場なのかどうかを判断してもらうための取り組みが必要。単に人と仕事のマッチングではなくて、その先にある人生や社会に与える影響をわかりやすく見せていき、より深くランサーズを理解していただくことが大切だと考えています。

さらに個人的な課題としては今後注力していく新卒採用において、もっとランサーズらしい採用企画を編み出していきたい。Web界隈の企業でバッティングしそうなところって、採用自体新しい手法を取り入れたりアピールが上手い会社が多いんです。一方でランサーズはまだまだこれから!たくさんのオリジナルの企画ができると考えているので、ここを急ピッチで仕上げていきたいところです。

採用を通して人事としてのスキルを高め、いずれは働きがいや生きがいを感じられる環境を自社内でも創ることが目標です。採用から人事制度企画、教育研修まで幅広く手がけていきたいですね。

その日会う人にあわせて演じること

ファッションやメイクで特別なことは何もしていませんが…ひとつだけ心掛けているのは、その日会う予定の人のことを考えて、洋服を選ぶようにしています。たとえば学生との面談がある日なら、やわらかい印象の色合いでコーデ。どうしても採用したいハイキャリアの方と会う日にはタイトスカートに髪もアップで、といった感じですね。

それはキャリアアドバイザー時代に身に付けた習慣です。私自身、童顔なので相手に与える印象をある程度コントロールしないといけなかったんですね。基本的には大人っぽく見られるようなファッションを心掛けています。ちなみに今日はランサーズのコーポレートカラーを意識しました(笑)。

あと大学時代から前職までずっとチアリーディングをやっていたのですが、辞めて2年弱経ちます。徐々に筋肉が衰えてきているので、雑誌の『Tarzan』を買って家でできる筋トレを(笑)。毎日欠かさず、といいたいですがそこを目指していきます。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『ペンとペンケース、カードホルダー』

前職の友人がプレゼントしてくれたものです。今日の服装の色とかぶっているのですが(笑)前職を辞めるとき、ランサーズではコーポレートカラーで小物を揃えたいと言っていたリクエストに応えてくれて。仲間たちの応援が詰まっている、大切な道具です。

おすすめカフェ
Recommended cafe

店名 SUZU CAFE[ URL ]
ジャンル カフェ
電話 03-5774-4411

企業紹介Bijinji Office

ランサーズ株式会社[ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

クラウドソーシング事業

所在地

東京都渋谷区渋谷3丁目10-13 TOKYU REIT渋谷Rビル9F

プロフィールProfile

内藤 侑子

社長室 人事グループ/教育熱心な両親のもと女子高、女子大、そして銀行への就職とあらかじめ決められたレールを走ってきたが2012年に一念発起し転職。人材業界での経験を積んだのち、2015年5月より現職。どんな試練でもポジティブに思考転換できる、ランサーズの行動指針の体現者でもある。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

すべての経験が糧になる。個々の能力を最大限に引き出し、サポートするのも人事の仕事。

一度は断った人事への異動。セールスをやりきった先に見つけた、採用担当としての矜持。

足りないキャリアを補って余りある、人へのあくなき興味と好奇心と探究心。

応募してくれた方の期待感や想いにどこまでも応える、というチャレンジ。

肩のチカラが抜けた自然なひと言を聞くために、まず自分からリラックスする。

応募者と面接者、どちらが上でも下でもなく目線をあわせたコミュニケーションを。

学生時代のゼミも販売のキャリアも、 すべては人事としての“いま”につながっている。

1を100に、ではなく、ゼロから1を立ち上げる面白さ…採用設計に魅せられた人事が描くビジョン。