“変われることがWizの魅力”…自らの経験談で自社のファンを増やし続ける人事の横顔。

小さな挫折から得られた大きな収穫

いまでこそ人事の私ですが、新卒で総合職として入社した当初は営業からのスタートでした。そもそも入社前のインターンが電話による通信回線の販売だったので、すっかりテレマーケティング営業のつもりでいたら入社日に社長から呼ばれて対面販売をやるようにと。実はインターンのときの経験で電話より対面のほうが売れるだろうと思っていたんですが、やってみるとこれがまるで上手くいかない(笑)。声をかけるのも立ち止まらせるのも大変で、なにしろ接触数が稼げないんですね。

それで2か月ぐらいでテレマに戻ったら、今度は急に売れるようになりまして。接触数が圧倒的に多いので営業効率がいいんです。表情も資料も見せることのできない電話営業は難しい、というのは単なる思い込みでした。それからはもう電話営業の面白さに目覚めて。もともと人事やりたいと思って入社していたので、実は営業に対してそれほどモチベーションは高くありませんでした。でもこの小さな挫折のおかげでテレマが楽しく感じられるように。そしてこの体験が、後々までつながる大きな収穫だったんです。

入社4ヶ月目で昇格

テレマに戻ってからは成績が伸び続けていき、好調そのものでした。ただ私自身はこのままこの仕事を続けていくのかな、という漠然とした不安があったのも事実です。そんな中、入社4か月目の8月になんと課長代理職に抜擢。部署責任者として最大30名の組織を率いることになりました。実際には周囲の上司たちにも助けてもらいつつ、プレイングマネージャーのような動きだったのですが、みんなを先導する立場で仕事に打ち込めるようになりました。

そんなある日、社長に呼ばれて「そろそろ人事はどうか」と言っていただけたのです。ふだんから人事部に異動したいとアピールはしていたのですが(笑)、想像以上に早いタイミングでの打診に「ちょっと待ってください」と一旦保留に。営業としてのミッションを一区切りつけた入社2年目の10月から満を持して人事へシフトしました。異動当初はイメージとは違い地味な作業が多くてビックリ。説明会や面接といった華やかな場面を支える裏側では、事務作業や選考者へのアプローチなど地道な仕事がたくさんあるんです。それこそ営業やってなかったら挫折したかも、と思うことも少なくありませんでした。

実体験がそのまま魅力付けの材料に

いまは採用業務全般を担当しています。メインは新卒採用で、特に会社説明会に注力しているところです。やはり新卒で採用された社員が説明会を運営している姿はインパクトがありますからね。弊社には説明会の仕切りが上手い先輩がいて、私もずっとその方を眺めてきたのですが「いつかは冨田もやらないとね」とかねてから言われておりまして…。あと、選考にも入っています。一次だけでなく二次、三次から四次、場合によっては最終面接の同席まで。当社ではなるべくたくさんの担当者が面談するようにしているので、面接のフェーズを一通りは経験してきました。

学生への魅力付けに意識しているのは実体験を話すこと。つまり私の入社から今に至るまでのストーリーそのものです。もともと人事志望の私が営業としてキャリアをスタートさせ、たった入社4か月で課長代理まで昇格した。そこでの成功体験、失敗体験を踏まえて人事としての今がある。そんな等身大の自分の話をすると、かなり好反応を得られるんです。

環境が人を変えることの素晴らしさ

最初こそモチベーション低かったのですが、今では営業をやって良かったなと思っています。Wizは「ファンが多い人、多く作れる人、作りたい人」がフィットする風土の会社。でも私はファンがいるどころか、もともと人が多いところにすら好んでいかないような性格でした。キラキラしていたり率先して何かを動かしていく人を横から見て、引け目を感じるタイプだったんです。Wizの求める人物像とはまるで逆。

でも入社してから変わることができた。営業部での経験が大きく私を変えてくれたんです。周囲の先輩や仲間、そして環境が人を変えるってよく言いますが、本当ですね。変われること、それがWizで働くことの魅力です。実際に新卒社員の中にも「あれ?入社した頃こんなタイプだったっけ?」ってぐらい一皮も二皮も剥けているメンバーもいますし。やはりマイナスよりプラスのオーラを身にまとったほうがプライベートにしても、また人生そのものも充実したものになります。コミュニケーションスキルや笑顔など基礎的な人間力を磨くことで、新しい自分を発見できる。それがWizなんだよと胸を張って学生や求職者の方々に伝えています。私がそのなによりの体現者ですからね。

お気に入りの仕事道具
My favorite work tool

『iPhone』
お気に入りというか必需品ですね。手放せません。面接のスケジュールなどもすべてこれで管理していますし、社内のメール、人事同士のグループLINEなど逐一ここで最新情報をチェックしています。特に本社が12階と4階でフロアが分かれているので効率よく面接を行なうためにも欠かせないアイテムです。

おすすめカフェ
Recommended cafe

店名 DARCY'S[ URL ]
ジャンル ハンバーガー、カフェバー
電話 03-5927-8791

企業紹介Bijinji Office

株式会社Wiz(ワイズ)[ 企業サイト:URL ] [ 採用サイト:URL ]

事業内容

IT通信販売代理事業、Web広告事業、ヘルスケア事業、VNO事業ほか

所在地

東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル12F(Wiz本社)

プロフィールProfile

冨田 沙紀

人事部 課長代理/常に「見られている」と意識することが何よりの美の秘訣。休日は映画にカラオケ、そして最近ハマっているのが“トランポリン”。自宅近くの施設で一回60分ほど、飛んだり跳ねたりを楽しんでいる。体幹も鍛えられるのでおすすめ、とのこと。

Lineup of BiJinji美人事ラインナップ

1を100に、ではなく、ゼロから1を立ち上げる面白さ…採用設計に魅せられた人事が描くビジョン。

限られた時間で相互理解をどこまで深められるか…面接に求めるのは“質”。

“モノづくりの現場”出身の人事がこだわる、丁寧なコミュニケーションと想像力。

仕事だけじゃない、子育てだけでもない。絶妙なワークライフバランスが人事に深みを与える。

会えてよかった一社、逢えてよかった人事と思われるための取組み。

ディレクターからの抜擢人事。コミュニケーションのプロ集団が挑戦する新しい採用のカタチ。

すべての経験が糧になる。個々の能力を最大限に引き出し、サポートするのも人事の仕事。

創造しては破壊、そしてまた新たな創造を…5年後の“当たり前”を“今 ”仕掛ける。